なんちゃって国際派ナースへの道



カテゴリ:fiji( 8 )


フィジーの思ひ出

私の誕生日にシロからネックレスの他、フィジーの思ひ出♪として、シロ作のスクラップブックをもらいました。

f0027550_17574263.jpg


南国の雰囲気が出ていて、いい感じ★



中を開いてみると・・・・・




f0027550_1845735.jpg



・・・・・・・。


「いらさいませ」 はフィジーで見掛けたお店のパクリですね。 

皮とはなんのことでしょう・・・・・・



f0027550_187197.jpg





・・・・・・・。

・・・・・・・。 

・・・・・・・。


日焼けでひどい炎症を起こしたシロの足から向けた 皮でした・・・・・・


のりで貼られています・・・・


フィジーの暑さで脳みそが溶けたんでしょうか。 それとも勉強しすぎて、おかしくなっちゃったんでしょうか。


まさにこの皮はフィジーの空気・海・香りが染み込んでいるけど、 ちょっと心配になりますね。




*シロ的には、こんな珍味のような立派な皮が生身の人間から取れることは滅多にないから、記念に残したかったそうです。
[PR]
by ahitehi | 2006-03-14 17:58 | fiji

フィジーの旅(最終日)

あっという間に最終日。

フライトは夕方だったので、午前中は町へ出かけて最後の見納め♪
そして中華料理を食べてきた。

6日間お世話になったホテルのスタッフと一緒に写真撮影★

f0027550_1945924.jpg


フィジーの人達は本当に陽気でフレンドリー。 会うと必ず声を掛けてくれて、話が長引くことも・・・。 仕事も生活のペースも何もかもゆ~ったりと流れている。 NZなんて比較にならないほど(笑)  

南国でのんびり暮らしているので長生きするんじゃないのかな、と思ったけど平均寿命は50代前半だそうです。


楽しかったフィジーとお別れし、ぐったりとして夜の10時にNZへ到着。

家に着いて部屋のドアを開けると・・・・・・・・アレ??  


出かける前には確実に閉めていったカーテンが空いている・・・・・ 空いているどころか、カーテンがない!!!


あぁぁ~~~ とうとう やられたか・・・・・ガックリ。


他に盗まれているものは・・・・? 

パソコンは奇跡的にある。 

あっ テーブルが・・・・・・・・・・・ なぜか前より立派なものに替わってる。  なぜ??

ぼーっとした頭では回転が鈍く、訳がわからない。


テーブルの上にメモが置いてあり この部屋の大家さんから
「旅行に行くと聞いたので、カーテン洗濯しました。 とりあえず電話ください」と。


カーテンがないと何もかも丸見えの部屋で困るので、電話してみると

大家さん:「 おかえり~~!! 今日、洗濯に出したから、すぐにはできないんだけど。
あと、冷蔵庫の中の霜が固まっていたから掃除しておきました。 」

私:「あ、はい。 ありがとうございます・・・」

大家さん:「 あと電球も切れているところがあったから代えておいたから。あと、テーブルいいでしょ♪」

私:「あ、はい。ありがとうございます・・・」


ま~こういうことは海外ではよくある話しらしいです。 住人のいない間に入って、チェックをしたり。 

でもうちの大家さん、日本人なんです~~!! 

しかも冷蔵庫の霜とか電球切れてるとか恥ずかしいじゃないですか~~!!
そんぐらい自分でできますってば~~~~~ あぁぁ。

旅行の前の日は二日酔いで部屋の掃除できなかったし・・・・って、言っても遅いし。


こんな出来事で更にグッタリして、久しぶりのメールをチェックすると元同僚の仲良くしていた、ナースのI さんよりメールが・・・・・・・

「急に休みが1週間取れたから20日から遊びに行ってもいい?」

ええええええ~~~!!

メールが届いてたのは私達が出発した日。 メールを読んだのは 16日の夜中。

あと3日・・・・・?

すごく会いたいし、まだ航空券の手配ができるかすぐ返信。

I さんメール「 初めは友達とサイパンに行く予定で取った休みだったけど友達が取れなくて、その後1人でヨーロッパの方へ行こうと思ったらツアーがいっぱい。 そしてNZに行ってみようと思ったら旅行中。  細木数子によると今年は大殺界で海外への一人は危険とあるので、やめておいた方がいいということで受け止めました。 函館に行ってきます。」


細木数子ね~、 そんなこと信じるような人だったかしら? 何かあったの、I さん?


すごく会いたかったのに~。 大殺界から抜け出したら絶対に遊びに来て下さい♪





と、本当にぐったり残念な1日でした。
[PR]
by ahitehi | 2006-02-24 18:49 | fiji

フィジーの旅(5日目)

2月15日(水)

2人ともボロボロの体で老体に鞭を打って、朝からガーデンへ。

ホテルから30分くらいの山の中にガーデンがあるということで行ってみたが・・・・花はどこ??

花の時期はこれかららしく、息苦しい森林浴!!  ミストサウナのジャングルを彷徨っている感じ。

そのまますぐ町へ戻った。

平日のナンディの町はとっても活気があり、陽気なフィジアンが店の外に出て呼び込みをしている。 

しかもみんな日本語で話し掛けてくる。 

「ドコカラ キタ?」 「ドコニ トマッテル?」 「ミルダケ タダヨ」と、 なぜかみんな必ず同じフレーズ。 
それだけ日本人の需要も高いということなのでしょう。

でも間違った日本語もあったり・・・・・

f0027550_1804881.jpg


   イラサイマセ♪ (笑)



大通りは明らかに観光者ばかりだが、一本裏道に入ると市場があった。
そこは現地の人、ご用達といった感じで私達が入っていっても誰も声を掛けてこないし、不審な顔すらされる。

f0027550_1834050.jpg


でも、普通のスーパーよりも野菜、果物が新鮮でとても活きのいい魚介類まで売っている。

しかも安い!! 

f0027550_186599.jpg


きれいに山積みにして売られている。 

フィジーの人達の平均年収は約30万円だそうで、それを考えるとこの市場の値段は納得できる金額。  平均月収ではなくて年収ですよ!!

こんな市場も珍しいので見ているだけで時間をつぶせるけど、なんだか危険な雰囲気もただよい、あまり長くは居られなかった。

そしてホテルへ帰り、プールでビールを飲みながら火照った体を冷やしていた^^
[PR]
by ahitehi | 2006-02-24 18:10 | fiji

フィジーの旅(4日目)

全身が日焼けでジンジンと痛くて、あまりよく眠れず朝を迎えた。

シロは・・・・・・?

昨日の夜は食事も取らず、水分を勧めてもグッタリとしてあまり飲まず、トイレにも行かず。

本当に深刻な状況らしい・・・ +_+

起き上がろうとすると、悲鳴をあげて断念。 あまりにふくらはぎの炎症が強いので、もう冷やすなどのレベルではなさそう。 とりあえずボルタレン(鎮痛剤、抗炎症)を内服して昼頃まで横になり、痛みが落ち着いた午後からタクシーで町へ出掛けた。

向かった先は薬局。  ステロイドが入っている軟膏はないかと探したが、やはり処方箋が必要とのことで、ヒスタミン入り軟膏を購入して、その場で塗布。

ボルタレンと軟膏の効果が現われて、ようやく落ち着いた様子。

ズボンが履けないので短パンビーチサンダル・バックパックという まるで
山下清 風なシロの姿
f0027550_198108.jpg



日焼け後なのでビタミン補給が必要!! と、近くのスーパーでオレンジやバナナを購入。

裏通りを歩いていると外科系のクリニックを発見した。 興味があるのでできれば中も覗いてみたいと近寄ると、受け付けは外にあり不審な顔をしているので写真のみ撮影。
f0027550_1912453.jpg



ウロウロと歩き回っているうちにまた痛みが悪化してきたみたいで、シロ 「ふくらはぎの筋肉が突っ張って、肉離れとか起こしている感じ・・・・ 腐ってるのかな。」


う~~ん。 日焼けにより筋肉が炎症(?)→ 筋肉が崩壊→ 脱水も合わせて 血尿→ 腎臓が壊れて 透析必要= 入院 → 私たちは旅行者保険→ 保険でカバーされる額は少なめ→ 多額の自己負担・・・・

あぁぁぁ~ ダメダメ!! そんなの無理!!  と、現実的なことを1人考えてしまい、シロごめんなさい。 
とにかくシロの足のほうが心配なんです。   この発展途上国の清潔・不潔も怪しいような病院に入院とか考えただけで恐ろしくなるし。


そんなわけで軟膏をまたたっぷりと塗り、ホテルに戻って休みました。


フィジーに来て、日焼けでこんなことになるとはね・・・トホホ

夕方、部屋でボーっとしていると、網戸になにかゴソゴソと動くものが・・・・

f0027550_19242292.jpg


ヤモリです。

夜になると出てきます。 初めて見たのはオープンバーでした。 

ぎょええええ~~~って 声が出そうになったけど、人には近寄らないし、悪さはしないよ。
ヤモリは家の守り神って書くぐらいだから・・・となだめられ、なるべく見ないようにしていたんですが、このヤモリ君はいい働きをしてくれるんです。

この蚊が多量発生している中、地道に蚊だけを追って食べているんですね。

でもやっぱり近くでは見たくないけど。(笑)


4日目はほとんど何もせず終了。 恐るべしフィジーの紫外線です。
[PR]
by ahitehi | 2006-02-21 19:00 | fiji

フィジーの旅(3日目)

2月13日(月)

今日はこの旅のメインイベントでもある離島ツアー。
朝7:30にホテル出発しフェリーに乗り、向かう先はマナ島。

フィジーの周りには小さな島々が130もあるということで、同じフェリーに乗っている人でも行く島はそれぞれ違う。
10箇所ぐらいの小さな島に寄って、お客さんを降ろしていくが、やはり中でも割と大きめの島、マナ島へ向かう人が多かった。

こちらはマナ島へ向かう途中の島。 すごく小さくて今にも水没しそう・・・・

f0027550_1822633.jpg



1時間ほどでマナ島に到着し、現地の人の歓迎セレモニーを受ける。
f0027550_184132.jpg



海がす~んごく、きれい~~~☆ 感動!
f0027550_1862668.jpg


ホテルのビーチはさすがに泳げるほどキレイではない。 フィジーに行ったら、離島に行かないと意味がない!と多くの人が言うように、やはりこの海の透明度は町から離れて離島に行かないと見ることができない。

そして今回の私達の目的はシュノーケリング♪
お金も掛からないし、何より時間が有効に使えるから。
マナ島には北・南側のシューノーケリングポイントがあって、どちらも歩いていける。 私たちは静かな南側のビーチでシュノーケリングをすることに・・・
f0027550_18121374.jpg



もぉ~~~う、水の透明度・サンゴのカラフルさ・トロピカルなフレンドリーな魚たち・・・・・最高です!!

今までハワイや沖縄でダイビングをしたことがあって、沖縄の海に潜った時にはかなり感動しました。 一面の白いサンゴ。なんてキレイなんだろうと。

でも、マナ島の海の中はそれを超えましたね。 っていうか、サンゴは白いものだと思っていたけど、アレはサンゴの死骸だったってことを初めて知りました。

ここの海のサンゴは青・オレンジ・黄色と色鮮やかでまさに海の中の世界が繰り広げられている。 童話の世界ですよ。
できることなら私もこの海の中で魚たちと一緒に暮らしたい・・・・・なんてバカなことも考えてしまうぐらい感動でした。 海の中の画像が撮れなかったのが非常に残念ですが。

幸いサメには遭遇しなかったけど、イカの大群をみたり、ニモと一緒に泳いだり・・・・としているうちに昼食を挟んで、ほとんど休憩をせず約4時間泳ぎっぱなし。

あっという間に帰る時間になってしまいました。  

海からあがると・・・・・アレ・・・?   背中側一面が・・・・・・


サニーサイド・アップの出来上がり♪


そう、強烈な紫外線の中シュノーケリングを4時間もしていたので背中一面がうっすらと赤くなっていました。
もちろん、日焼け止めは2回塗りなおしたんですが、それ以上に紫外線が強かったみたい。

そしてシロはおしりから下の日焼け止めを塗り忘れたようで、まっかっか~!


少々物足りなさを感じるけど、疲労感もたっぷり。 離島へ行くなら何泊かされることをお勧めします。



グッタリしながらホテルへ帰ると、 二人とも背中側の首から足首まで赤みが強くなり、腫れてきています・・・・・ まずい。
痛みも出てきて、シャワーを浴びるのも、着替えるのも辛くなるほどでした。
足に日焼け止めを塗り忘れた、オマヌケなシロのほうが重症で足が腫れあがり、歩くのもやっと。
日焼けと言うよりは見た目、熱傷患者に近い!
とりあえずは冷やさなきゃ!と ティッシュを冷水に浸して、皮膚につけ、扇風機をまわしてみました。

私も背中が痛かったのでうつ伏せで寝ることに・・・・いつまでこの状態が続くんだろう・・・。
[PR]
by ahitehi | 2006-02-20 18:37 | fiji

フィジーの旅(2日目)

コッケコッコ~~!! ピーチク パーチク!!

なんだなんだ、この騒がしさ! まるで鳥小屋の中に入れられたような騒々しさ。
私達のコテージを鳥の大群がつついている様子。


こんな感じで迎えた目覚めの悪い2月12日。
小鳥のさえずりで爽やかな朝♪というようなキレイなものではない。
薄暗いけど時計をみると朝の7時。

せっかく起きたのでビーチのほうまで行ってみる。
f0027550_18344995.jpg


ホテルの朝食は7:30からというのに何も用意されいず、人っこ1人見当たらない。
今日は日曜日だから? っていうか、ホテルでそんなことがあり??

仕方ないのでホテルの中をウロウロしていると、受け付けの時計が朝の6:30をさしている。

あ~~~、NZとフィジーは1時間時差があったんだ~~(笑)  フィジーはNZより1時間遅れているんです。 時差に気付かず丸1晩過ごしてしまった・・・・ははは。

朝食を済ませ、もう一度ビーチのほうへ行ってみると、みるみるうちに潮が引いている。
f0027550_18391124.jpg




せっかくなので町まで出掛けてみることに。 ホテルからタクシーを頼み、陽気な運転手さんのタクシーに乗り込む。

運転手「 近道していきますね~。 ちょっと揺れるけど」と なぜか浜辺のほうへ向かう。
だ、大丈夫? ・・・かなり不安・・・・
f0027550_18421399.jpg


鍵も掛からないような車で砂浜を走り、町へ到着。(その後分かったことは、どのタクシーもこのルートを通っていた)


日曜日だったせいか町は人通りが少なく、店もほとんどが閉まっている。
仕方ないので町外れにあるスワミ テンプルというナンディでは一番大きいと言われるお寺に行ってみた。
f0027550_1845837.jpg


入り口で裸足になって入館。

フィジーでは約45%がインド人ということで、インド系の人をよく見かける。
そして日曜日なのでみんな集まっていた。
f0027550_1847963.jpg



そして昼食にはインド料理屋でカレーを注文。
f0027550_18483092.jpg

おいしい♪  フィジーの料理はほとんどがココナッツを使用していて、私にはイマイチ。
なのでインド系か中華に通っていた。

せっかく町まで来たけど、スーパーも酒屋も閉まっているので早めにホテルへ帰り、サンセットを見に行った。

f0027550_18505358.jpg


う~~ん、すごく綺麗★ と感動している余裕がないぐらい、蚊の大群に襲われました・・・・。

こんな感じで2日目終了
[PR]
by ahitehi | 2006-02-19 18:52 | fiji

フィジーの旅(1日目)

BULA!!(フィジー語でコンニチハ!)

NZから飛行機で約3時間。 無事にフィジーより戻ってきました。 う~ん、NZが寒く感じます。

5日間泊ってきたのはフィジーのNadi(ナンディと言うらしい) という道路も舗装されていない場所にあるclub fiji resort.

ホテル内のオープンレストランからは海が見えます。 とっても南国っぽい。
f0027550_17514950.jpg



今は雨期真っ只中ですが、2週間前から雨は降っていないということでした。
その代わりに湿度が高くて、気温は朝から30度ぐらいまで上がっています。


レストランからプールをはさんで各コテージがあります。
f0027550_17543727.jpg



私たちが泊ったのはgarden bureというこちらの部屋。
周りはヤシの木だらけでまさにジャングル。 木には「頭上に注意!」と書かれて、ココナッツがゴロゴロと転がっているけど、どうやって注意したら良いんでしょう・・・?
f0027550_17594952.jpg

こんな南国に来てココナッツ直撃で死にたくはないな~・・・・。


今年はが多量発生しているらしく、レストランから部屋に帰るまでに何箇所もさされ、オープンバーで30分ほど飲んでいると軽く30ヶ所は刺されてしまいました。


部屋の中はこんな感じ。
f0027550_1825847.jpg


エアコンもテレビも無い、まさに自然を満喫せよといった部屋。 扇風機を一晩中まわし、蚊よけのベープ(備え付け)をたき、息苦しい中なんとか寝ました。

とりあえず初日は蚊と格闘し、疲れてしまったので早めに就寝。
[PR]
by ahitehi | 2006-02-11 17:30 | fiji

Fiji

かなり二日酔いで頭がガンガンするけど、10時にフィジーへの航空チケットを受け取りにきてくださいと言われていたので行ってきました。

そしてようやく実感が・・・・あ~~明日にはフィジーなんだ♪


でも具合が悪くて準備ができません。 シロなんて、ベッドでぐっすり? いや、ぐったり寝ちゃっています。



でも一応、どんなホテルなのかとか、色々調べないと。

宿泊するホテルはこちら


とりあえず今のところのフィジーでの予定は

・ビーチでのんびりする
・シュノーケリングをする
・ナンディの街まで行って探索
・小さな島(たぶんマナ島)へ行ってみる。 トム・ハンクス主演のcast awayが撮影された島(cast away)へも行ってみたいけど、その名の如く無人島らしいので何もすることがないらしい。


と、こんな感じです。
[PR]
by ahitehi | 2006-02-10 07:30 | fiji

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧