「ほっ」と。キャンペーン

なんちゃって国際派ナースへの道



カテゴリ:病院のこと( 10 )


フィリピン人が同僚になる時

街を歩いていると白衣を着た看護学生をよく見掛けます。
人口に対して、看護学生の割合が多いのは気のせいではないよう。 フィリピンでは年間に約1万人(全体の85%)の看護師が海外で就労しており、看護師の輸出は外貨を稼ぐ重要な貿易と言われているようです。

この人的な労働力を「最大の輸出品」とフィリピンが位置づけているために、優秀な人達は海外へ行き、フィリピンの医療現場では更に看護師不足や医療レベルの低下が深刻化しているという話も聞きました。

日本でも既にフィリピン人看護師の受け入れが始まっていると思います。
その行程を調べてみました。日本での就労条件としてはまずフィリピンでの看護師資格を取得していること。 3年間の臨床経験があること。

日本入国後はこのようなプログラム。

f0027550_22594799.gif


半年間の日本語研修、そして病院での就労、研修。 最終的には日本の看護師国家試験の合格を目指しているわけです。
滞在期間は3年間認められていて、この3年の間に試験に合格し、看護師資格の取得ができれば、日本人看護師と同等以上の報酬が保障され、正式に病院での就業が可能となる。
ということらしいです。

いくらフィリピンでの看護師資格を持っていても、その国の言語で資格取得をしないといけないのは最も。  例えばニュージーランド、オーストラリアなどでは、外国の看護師資格を有する看護師に対して、優遇措置によってその国の看護師資格を与えるなどがありますが、その前に言語の壁が立ちはだかっています。 そこに至る条件としてIELTSやTOEICなど高得点を求められています。
もちろん看護師として働く上である程度の言語能力がないと患者さんともスタッフともコミュニケーションが取れないことになるので、それは仕方ないこと。

しかしフィリピン人看護師が日本の国家試験に不合格だった場合は帰国!という条件です。
自分のケースで考えると、母国語の日本語で国家試験を受けましたが、覚える量が膨大で最後にはゴロ合わせで無理やり詰め込み、一気に忘れました。 いま受けたら、確実に落ちる自信があります。 一度落ちた人が次の年に受けると合格率は30%を下回ると言われるほど、結構しんどいものです。

そういう状況をよく分かっているので、外国人が3年間の間に言語を学び、更に国家試験に合格するというのは至難の業。 かなり無茶な難題だと思われます。

そんな理不尽さについて、フィリピン人に話してみました。

すると彼女は 「たとえ国家試験に合格しなかったとしても、その間の3年間の就労が認められているだけで幸せなのよ。 日本に就労に行く人達がフィリピンでどんな生活をしているか分かる? その家族たちがどれほど助かっているか分かる?試験に受かれば更にいいけど、受からなかったとしても十分に満足していると思うよ。 」

と言われました。 
ちなみにフィリピン人の一般的な月収は8,000ペソ(20,000円)、看護師は10,000ペソ(25,000円)だそうです。
確かに貧困に喘いでいる人が多いフィリピン。しかし選ばれた優秀な人だけが日本に来れる狭き門なわけです。フィリピンでも4年間も大学に通い十分に勉強はしているわけです。 

この問題については賛否両論あると思います。 
生活や文化の違う外国人が日本の組織に馴染めるのか? 特にお年寄りの患者さんは外国人ナースに萎縮してしまうのでないか? その前にスタッフが馴染めるのか?

しかし最後にフィリピンに留学に来て、フィリピン人と話してみて気付いたこと。
日本でフィリピンパブが流行っている理由も納得ができます。
それはフィリピン人がホスピタリティ精神に溢れているから、文句も言わずにコツコツと気長に仕事をする几帳面さも持っているから(休みはしっかりと取りますが)、順応できる柔軟さを持っているから、笑顔が素敵だから。(改善すべき点も沢山ありますが。 向上心があまりない、のんびりすぎる、超楽天的など^_^;)

我慢・忍耐が重要の看護師の仕事ですが、フィリピン人の特徴からして看護の仕事は適職だと思います。 

同じ看護師として、いつかフィリピン人看護師が同等の立場で働ける日が来ることを願いたい。
[PR]
by ahitehi | 2008-02-03 01:23 | 病院のこと

就職活動その後・・・

気持ちを切り替えて、1からの就職活動です! ・・・・って、前回は何も進展はしていないのだけど・・・・    結局、連絡きません(T_T)

やっぱり妥協は必要です。 そんなオイシイ条件の仕事があるわけがありません。
で、日勤だけではなく、夜勤も頑張ろうと思ってます!時間外勤務もやりますさ~!
え~え~、カラオケもやればいいんでしょっ! ̄ε ̄;

って、こんなところで公表しても、就職が決まるわけでもないんだけど、やる気だけはあるようです。


今の自分にどんなことが出来るのかは分からないけど、もしかしたらこんなレベルかもしれません・・・・・。



患者さんの容態が急に悪くなって、付き添っていた家族に、「看護婦さん、ちょっと来てください!」 と言われ・・・・・・・


「いま、看護婦さん呼んできますっ!」 と言ってしまい、 

       
       あなたは一体、何者?

って先輩に言われたり。


患者さんの胸腔ドレーン(胸に入っている管)を抜く介助に付いていて、
医者が「大きく息を吸って~、はいて~、止めて!」 という掛け声に、なぜか介助の自分まで呼吸を合わせて、息苦しくなったり。  「もう、いいですよ」という言葉を掛け忘れる人が案外多くて、患者さんも自分も何故か浅めの呼吸をしていたり・・。


これは誰の新人時代でしょう^_^;?  ま、これに近いぐらいのレベルではないかと思うので、あんまり高望みはしないで、就職活動を続けていきます。
と思ったけど、今は夏真っ最中で暑すぎて、思考能力低下中なので9月になったら本格的に頑張ろうかな♪ すっかり怠け癖が・・・・・。
[PR]
by ahitehi | 2007-08-02 12:43 | 病院のこと

St.Michael Hospital

知り合いの方の付き添いで、コチラの病院へ行ってきました。

St.Michael Hospital

f0027550_123217.jpg


f0027550_12324767.jpg


今日の目的は通訳。 といっても、私ではなくシロの出番です。

日本帰国へ向けてのリハビリですかね。  専門的すぎて私にはさっぱり無理な話しで、今日のシロは大活躍だったようです。 

こういう機会でないと病棟など見るチャンスはないので4人でウロウロ。 明らかに不審者なので、声を掛けられまくりです@_@;  
やっぱり病棟内に立ち入ることは出来ませんでした。 

あまりの巨大さで入り口が分からなくなってしまい歩き回っていると、ナースらしき男性が 「迷ってる?」と声を掛けてくれました。 皆で声を揃え「はいっ!」 と即答。
「まっすぐ行って、階段をおりて一階下がる、そして右に曲がると出口!」 と親切に教えてくれました。 いや~親切です。

自分が働いていた時に、迷っていそうな患者さんに自ら声を掛けたか・・・・ そんな経験はありません。 声を掛けられたら教えていたけど、正直そんなに時間的にも心にも余裕がなかったような気がします。  そのゆとりが素晴らしい★と感動しました!
[PR]
by ahitehi | 2007-07-12 12:49 | 病院のこと

就職活動 Part 2

え~っと、 就職活動中です。 

前回、ナースバンクに登録して、私の希望する地域には需要が沢山あるということで、ちょっと安心しました。
そして、もう少し細かい条件を書いてくださいと言われたので、書きました。


う~んと、返事が来ません・・・・・・・・(汗)


控えめとか謙虚さとか、すっかり忘れてまして、

・就職試験・論文がない
・時間外勤務のないところ
・日勤のみ
・夜勤もたまには可能だけど、日勤→深夜は無理
・福利厚生のしっかりとしているところ
・長期連休がとれる
・○○科系
(可能であれば、カラオケに行かない病院も追加したかった)

などなど、夢のような希望を書きました。 


・・・結果、 該当病院なしってことですかね?(笑) ですよね!

3年間もブランクがあるうえに、条件ばかり多くて、雇い主側としては嫌ですよね。

今、私に残っている看護や医療の知識。 普通の人に毛が生えた程度だと思います。
薬の名前なんて、自慢できるほど一切思い出せません。

          でも、頼むから見捨てないで~~。   
[PR]
by ahitehi | 2007-07-06 11:47 | 病院のこと

就職活動

そろそろ帰国まで1年をきっているので、就職のことを考えなくてはいけません。

まだ若干、早いような気もするんですが、ここは海外。 就職活動は海外からする予定。 なので、人より早めに考えておかなくてはいけない気がします。

といってもね・・・・・・。   私は何がしたいのか自分でもよく分かっていません。

ただ1つ言えるのは日本に帰ったら、陶芸を習いたい!  これは単なる趣味か・・・。

やっぱり看護師として働くのが無難というか、一応資格持っているので働くしかない!
でも、せっかく離職したんだから、違う職業を経験してみるのもいいかな~。
看護学生の頃、国家試験に落ちたら、温泉旅館で仲居になりたいと心から思っていました。 
今でも少し願望があるので、いっそ山奥の萎びた温泉旅館で仲居ってのもいいか。

それとも日勤だけの看護師。 もしくはパートタイム。 って、一度怠けると楽なほう楽なほうへと考えてしまいます。  

こんな自分の考えもまとまっていない段階だけど、一応参考のために人材バンクという、就職活動のお手伝いをしてくれる会社に登録してみました。
顔も見えない相手だけど、すごく親身になってくれて、細かい条件なども聞き入れてくれます。 言われるがままに自分の条件を書いてみたら、関東方面なら需要が沢山ありそうとのこと。
しかしねぇ、夏の湿度や、ゴキブリ、冬の室内の異常な寒さは無理! です、正直。

もう少し、現実的に帰国後のことを考えなければいけない時期が来てると思われます。

あ~、就職活動なんて学生の時以来で、憂鬱。

ちなみにシロは人生で初の就職活動のようで、早々と面接の日程まで決めてしまいました。
頑張れ~!
[PR]
by ahitehi | 2007-06-28 12:24 | 病院のこと

カナダの医療事情

去年、トロントで出会ったカナダ人のSさん。 トロントを離れてからもずっと連絡を取り続けていました。
ここ最近のメールには「調子が良くなくて」と書かれることが多く、それは気温や仕事のストレスなど精神的なものだろうと勝手に推測していた私。

そのSさんと先日再会して驚き。 去年とは別人のようにげっそりと痩せほそっていたのです。
ここ数週間ずっと体調が悪く、ホームドクターにかかろうと思ったら、ホームドクターはバケーション中。 どうしようもなく中国系の病院にかかり漢方を処方されたとのこと。

中国系のドクターの説明を教えてくれましたが、よくそんな説明をして入院を勧めないものだなという内容。  その説明を聞かずともSさんの状態はただならぬものであることが判断できるからです。 食事はほとんど取れていない、歩くのもやっとの状態のSさん。
とりあえずは自分のホームドクターが帰ってくるのを待つと言います。

それまで仕事は休むことはできないのか?と聞くと、現状で休みを取るのは厳しいと。
とにかく無理はせず、食べれる物を食べてね、と伝え別れました。

ここで日本とカナダの医療システムの大きな違いについて考えさせられます。

まずカナダではGP(General Practitioner)という、ホームドクター制度をとっています。
体調が悪い時はホームドクターにかかり、もし更に検査や治療が必要な場合はホームドクターが専門医に紹介書を書いてくれます。
カナダでは市民であれば基本的に医療費は無料という、アメリカのお金持ちしか治療を受けられない制度とは大きな違いがあり、平等な扱いを徹底。
しかし専門医の数は、ホームドクターの数よりも少なく、紹介された患者さんは自分の順番が来るまで待たなければなりません。

ホームドクターから紹介された患者さんが専門医の診察を受けるまでの期間は、日本ではちょっと想像できないくらいの長さです。

これは2000年の統計ですが、
一番早いのが、腫瘍(がん)の専門医で、5週間。
緊急性のない外科であれば、9週間。
これが整形外科だと26週間。
眼科であれば、28週間。


ちなみに緊急状態の時には救急車を呼んで救命センターに運ばれますが、救急車は自費。
治療を待つ間に命を落とすという話も聞いたことがあります。

カナダでも医療スタッフ(特に医師、看護師)不足は深刻な一方、カナダ人以外の医師免許を持つ移民が資格を得にくいという問題もあるようです。

とにかく、このような状態のSさんを前にして、市民が皆平等というカナダの医療システムがうまく機能しているとはとても思えない。 
Sさんのホームドクターが一刻も早く帰ってきて、適切な処置を取ってくれることをただ望むばかりで、何もできない自分がもどかしいです。
[PR]
by ahitehi | 2007-05-03 22:41 | 病院のこと

再就職

先日の母からのメール。

「数日前の夜にahi(私)が元勤めていた病院の看護部長さんから電話が来て、まだ看護師として働いていないみたいですけど、どちらにいらっっしゃるんですか?」 って聞かれたよ。
まだ海外にいることを伝えたら、いつ頃戻ってくるのか、再就職する気はないか、などなど聞かれました。 すぐには帰国しないことを伝えたら、「帰国した際には再就職を検討して欲しい。 もしくは、同じ系列の病院が capital of Hokkaido (あえて書きませんが)  にもあるので、そちらの再就職もいつでも可能です」 と伝えて欲しいと言われました。


という内容でした。

っていうか、私が看護師として働いていないとか、どうして分かるんですか~~~!!’~’

このご時世に、このようなお話しは非常にありがたいと感謝しています。
実際、私も若くないんで帰国してからの就職先のこととか不安になったりもしていました。

が、今は日本での就職の事よりも英語を頑張りたいので、ごめんなさい。
って、ちょっとかっこいいけど、帰国してからのことを考えるのはまだ早いし、とりあえず帰国してからやることも沢山あるんで。 まずは日本酒飲んで、お刺身食べて、塩辛、イカゴロルイべ、焼き魚、焼き鳥、筍、おでん、焼き肉、お寿司・・・・・あ~~いっぱいっ!>_<
就職探しはこれら↑の次ですね(笑)

あと、お風呂につかって背中もゴシゴシこすりたい^^; (シャワーだけだと洗った気がしないんですよ)


でも、北海道の看護師不足はそんなに深刻なんですか? 
[PR]
by ahitehi | 2006-09-01 13:07 | 病院のこと

セクハラ

NZの学校に通っている時、担任のJohn先生は 「最近は体に触れただけでもセクハラなどの問題になるから、小学校でも先生は異性の生徒の体に触れないようにしています。」と、John先生は絶対に体に触れぬよう、不自然なほど気をつけていました。 (ゲイ疑惑もあったので男子ィ~にしか興味なかったのか・・・・)

まぁ、それほど世の中はセクハラに関してシビアになりつつあるのですが・・・・・

私が勤務していた病院でのお話し。

30代後半の独身・外科系S医師がいました。  体に触れるなどの行為は無かったものの、リアル過ぎて気持ち悪いことをいい、看護師から避けられていました。
飲み会の席になると、急に人格が変わる人はいるけど、このS医師は日常茶飯事。

通りすぎる瞬間にある看護師には 「今日はレース?」とか、「○○ちゃん、今日は桃色♪」など・・・ そういう話題は親しくなれると大きな勘違いをしているS医師。 キモキモです。
しかも見た目も清潔には見えないんです。 耳の汚れもすごく目立ち、あまり近寄りたくないのに、自分のステート(聴診器)を持ち歩かずに 「君の貸してくれる?」 と必ず看護師に声を掛けます・・・・・ ’~’

同僚のナースは自分のステートを首からぶら下げていた時に声を掛けられました。
「○○ちゃんのステート貸してくれるかな?」 
そこで○○さんは猛ダッシュ! 休憩室に共有のおもちゃのようなステートがあり、それを取りに行ってS医師に渡しました^^ そこまでやっても気付かない人なんです・・・・。

世間ではセクハラ問題など騒がれているのに、自分の行為がセクハラと気付いていないS医師。 医師だと何やっても許されると思っているようです。


セクハラつながりで,もう1つ。

3年目ぐらいの麻酔科医師が患者さんにCV(太い点滴)の入れ替えをするため、私が介助に入った時のことです。(※患者さんは薬で眠っている状態でした)
麻酔科医師は患者さんの血管を調べ、私は必要物品を用意していました。
その先生の手袋のサイズが分からなかったので・・・・

私: 「先生、(手袋は)SMのどちらですか?」

麻酔科医師: 「・・・・・・・・・・・い、いや。 あのぅ・・・・・・・・・」

私: 「Mでいいですか?(Sサイズが無かったので)」

麻酔科医師: 「え? はい?手袋ですよね、ははは~。  え、Mです、はい。」

私: 「ん? 何か? Mでいいんですよね?」


こんなやり取りがあり、気にも止めていなかった私でしたが、数ヵ月後にその麻酔科医師の送別会での席で、「実は、あの時、手袋のことを聞かれてるって分からなくて、逆セクハラかと思いましたよ。いきなり何を聞き出すのか!と。 危なくフツウですって答えるところでしたよ。(笑)」

そんなバカな~(怒)  主語がなかった私も悪いけど、あの状況で変な想像するほうがおかしいと思いませんか? 
     逆セクハラと一瞬でも思われたなんて,心外でした ;_;

まぁ、その気がなくても相手の受け取り方は人によって違うので気を付けなくてはいけませんね。
[PR]
by ahitehi | 2006-05-08 11:47 | 病院のこと

新人の頃

今日は日本にいる人へ絵葉書を書いた。 

看護師1年目だった頃の私のプリセプタ-(私のお世話係り)へ。 

すごくお世話になっていたのに病棟が替わってしまって、日本を離れる時にゆっくり話すこともできないことがずっと気掛かりになっていたので。

そして新人の頃の忘れることのできない苦い思い出について。


就職して1年が経とうとする頃、私はCCUの患者さんを受け持っていた。もちろん新人なので、私の見守り役としてプリセプタ-が付いてくれていたが、たまたま忙しいことが重なった時、私の患者さんも不整脈が出始めた’~’ こんな時に限ってね・・・

すぐに主治医を呼び、処置が始まる。 私は救急カートを持って、一人で処置に付いていた。(あり得ない状況)
患者さんよりもたぶん私のほうが心臓バクバクしていたんじゃないかってぐらいだったけど、まずは自分が落ち着かないと・・・・・ 。 とにかく、落ち着け~私~。

モニターをみながら・・・

主治医: 「ジギC(強心剤・抗不整脈剤) 使わないとダメかな~。」

私: 「 はっはい!」

救急カートから、ジギC・ 生食・シリンジ・ 針などを用意する私



主治医: 「じゃぁ 生食20cc。」

私: 「はいっ! 生食20ccですね!



主治医の指示どおりに復唱し、生食を20cc渡す・・・・



その間に救急カートの薬品の場所をもう一度確認し、スムーズに処置が進むように深呼吸・・…

すう~~ はぁ~~!!


・・・・数分後・・・・・

あれ? 主治医はモニターをこまめに見ながら静注・・・・・ 生食を!!



うぎゃ~~~!! ええ~~っっ!!  ど、ど、どうしよう・・・・・ 生食をモニター見ながら、使うわけがない。

「先生が生食20ccっていうから、ジギC入ってませんよっ!!」 って、先に逆切れ。 な~んてこともできる訳がないけど、色々なパターンを想像してみる私。


緊迫した雰囲気でますます言いにくくなりオロオロしているところへ、プリセプタ-登場。

私: 「あの~ アレ・・・・・生食しか入ってなくて・・・・・・ どうしていいかわかんないんですけど・・・・(涙)」


先輩: 「・・・・・・・・・・まずいね・・・・・・・・・でも早く言わないと、大変なことになるから一緒に謝ろう!!」



私・先輩: 「すみません!! それ生食のみなんです!! 


主治医: 「 んへぇ? ・・・・・・・・・は、は、ははは・・・・生食ですか・・・・」


・・・・・・・気の抜けた笑い・・・・




主治医: 「 なんだか分かんないけど、不整脈も治まったから、このまま様子みようか・・。 病は気からって言うから、思いが通じたのかもよ・・・・・は、は、ははは・・・」


・・・・・・・呆然と立ち尽くす主治医・・・・・・


本当、あり得ないミスして、すみません。 何より、その時の担当の患者さんすみません・・・。


 結局、その患者さんはその後、不整脈がでることなく元気になられたのですが、 もちろん私はそれで済むわけがなく、しっかりとインシデントレポートも書き、プリセプタ-と振り返り・・・・・。


根底には経験がないうえに、余裕もなくて、冷静に考えることが出来ていなかった & なぜか一年目の怪しい看護師を1人野放しにしていたって所にあると思うんですが、かなり凹みました;_; 
そんな時に支えてくれた天使のような先輩が私のプリセプタ-で、本当に今でも感謝しています。  その先輩のことを思い出すと必ず、この一年目のミスも一緒に付いて思い出してしまいます♪ 
[PR]
by ahitehi | 2006-03-13 18:28 | 病院のこと

JCSⅠ-1なナース

元同僚、ICU勤務のKナース。 28歳独身、看護師歴は2年。

このKナースはICUの中でもおもしろキャラで有名★
どんな風におもしろいのかというと・・・

なぜか漢字が苦手。 医療用語もかなり苦手。日本語全般苦手らしい。

例えば看護記録

例1) ○→ 右手点滴挿入部より出血あり。
    Kナースの場合→ 右手のてんてきが入っているところから血がダラダラ流れている

と、こんな感じ。そして 「消化器外科→ 消火き外科」  つっこみどころ満載、本当に看護師免許を持っているのか・・・という疑問は拭えない。 

そしてこの日本語が苦手なKナースはなぜか記録に英語を使いたがる。 *彼女の母国語はもちろんJapanese!

例えば脳外科の患者さんの場合。

level down なし。 熱highにてクーリングstart.

彼女の記録を読んで、理解するのは結構苦労するけど、私の密かな楽しみでもあった。
次はどんな名言を残してくれるのかと★ うふふ

そして極めつけは またしても脳外科の失語のある患者さんの記録。


「level CHEKE! 声かけにHi! の返答のみ。level はクリアではない」


レベル チェケ? チェケ♪チェケ~♪ 患者さんが陽気にハア~イ♪なんて言うかよ!

決定しました!JCSⅠ-1ナースに!!意識レベルがクリアじゃないのはあなたのほうです! さすがに公文書なんで問題になっていましたけどね。

そしてKナース、友達と初めての海外旅行に行く時のこと。

台湾に決まったそうです、台湾に。

Kナース: アヒさーん、私初めて渡米しま~す♪

私: ・・・・・? 台湾に渡米??? うはは!

おもしろすぎです。
で、初の海外旅行の感想を聞いたところ、どうやら看護学校時代のそれぞれ地方で働いている人たちと行ったそうです。
時間のロスを少なくするために台湾空港現地集合したとか。 4人とも初めての海外なのに!

結果はやはり・・・なかなか出会うことができなくて、1日無駄になったそうです。
[PR]
by ahitehi | 2006-01-04 19:19 | 病院のこと

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧