なんちゃって国際派ナースへの道



カテゴリ:NZ( 40 )


さようならNZ

本日にてNZとお別れです。

明日の早朝に出発し、台湾→日本→トロントには16日に着く予定です。

次の更新はどこからできるのか今のところは分からないんですが、環境が整いしだい更新したいと思います。(たぶん1週間後ぐらい)



  NZでお世話になった皆様、どうもありがとう!!
[PR]
by ahitehi | 2006-04-09 19:09 | NZ

最後の晩餐♪

NZに来てから友達になった飲み仲間の二人。

今日は車で街から30分ほどのボタニ・ショッピングセンターという所へ連れて行って頂いた。
f0027550_2159084.jpg



1つの街のようになった巨大なショッピング・モール。 NZにもこんな所があったのね・・・^^

そして夜はこのお2人と最後の晩餐。

週1ぐらいのペースでホームパーティをしていた。 今日は彼(韓国人)のお母さんお手製のキムチと彼女(日本人)の作ったキムチ・チゲ♪

f0027550_2235517.jpg


手作りのキムチはさすがに美味しかった♪ 白菜もサクサクしていて辛すぎず、最高!!

チゲも韓国のトッポギなど入っていて最高に美味しい!!

この彼は韓国人だけど、子供の頃にNZに移民して、日本語に興味を持ち出し、大学では日本語を選択。 彼女も日本人なので今はほとんど会話には支障ないほどの日本語ペラペラ。

ただ彼女が北海道出身なので「ゴミ投げといて!」とか、 「これ、うるかしとくね」 などの北海道弁連発!!^O^  (*ゴミ投げる=ゴミ捨てる、 うるかす= 水につけておく)

そして日本語の特徴的な擬声語も見事に使いこなしています。

車がす~いすい! 雨がざーざー! シャリシャリの白菜! さすがです★


そして疑問に思ったことはすぐに聞いてくる。 

「なんで日本人は肉屋さん、魚屋さん、お花屋さんってさんをつけるんですか? あと、どうして八百屋っていうんですか?由来は?」


一同:「・・・・・・八百屋・・・・・う~ん・・・・・・どうして?」


難しすぎます。はい。



このお2人にはNZ生活をより楽しくしてもらい感謝。

どうもお世話になりました。 今度は北海道で会いましょう!
[PR]
by ahitehi | 2006-04-08 22:24 | NZ

6ヶ月を振り返って

ここは本当にNZ? と思ってしまうほどの完全なアジアのフードコート。

f0027550_1920939.jpg



NZ人も多く見掛けます。しかも上手に箸を使って食べています^^

さすがに多国籍の国NZなので、このような安くて、美味しいアジアの食道が数多くあるのは私達にはとってもありがたいこと。 ちなみに今日はこのフードコートで中華を食べましたが、1人500円以下でお腹いっぱい満足です♪

NZでのこの6ヶ月間を振り返ってみると・・・・・・


まず驚いたこと・ガッカリしたことは、やはり予想以上に物価が高かった。
2週間ほど前から急に日本円が下がり始めて今は75円弱ぐらいですが、それでも高く感じてしまう食材や家賃、光熱費。 授業料も。
たぶんNZ$1= 50円ぐらいが相応しい計算になるように思います。

あとはやっぱり、英語でしょうかね。 kiwi englishには本当に驚きました!!

街中ではみんな [Giddy mate!」と挨拶を交わし、朝のニュースでは毎日、ライン・ライン・ライン!!(rain)
アマイジング(amazing), タイスティ(tasty), モウブ(move)・・・・^^;

同じ英語を話す国民でも、こんなにも発音が違うものかと驚きでした。

あと、ガッカリしたことはNZには自然が多く、綺麗なビーチなど観光する場所が多いんですが、市外へ出ると、交通機関が発達していないので車がないと何処へも行けない。
映画のピアノレッスンが撮影されたピハ・ビーチという所に行ってみようと思っても、行く手段がありませんでした;_;


良かった点は、噂どおりに人々が親切。 すれ違う人が声を掛けてきたり、みんなフレンドリー♪ アジア人も多く住んでいるので対応にも慣れているのか、気長に関わってくれます。

あとは、ビール・ワインが安い!! しかも普通のスーパーでも購入できる♪ カナダではお酒に関して厳しく、リカーショップでないとお酒は絶対に買えませんでした。 しかもリカーショップの数が少なく、夕方は早く閉まり、土日は休み。 
そういうことから、NZはお酒に関して天国のよう★

気候も夏は過ごしやすく、暑さに弱い道産子には良かったかな。


NZで過ごした6ヶ月間も、とても貴重な経験だし、一言で良かった、悪かったとは評価できない。  沢山の人達と出会い、ここのネタにも勝手にさせてもらったし・・・(笑)


次に行く、カナダのトロントは夏の暑さはかなり厳しいみたいだけど、都会で見るところも沢山ありそうだな~。 
[PR]
by ahitehi | 2006-04-07 20:01 | NZ

入国時チェック

来週、一旦日本へ帰ります。
NZ→香港→台北→日本・・・・・・・長い道のりですね。

香港、台北はストップ・オーバーの予定でしたが、どうしても台北の博物館に行ってみたいという、シロの強い要望により台北で3泊することになりました。 こんな無駄遣いしてて、いいのかって感じなんですが、まぁせっかくなので観光してみようと思ってます。

その後、日本で3泊して、食べたいものリストに沿って日本食を一気に食べ、トロントへ飛び立ちます!!

トロントへ行くには、バンクーバーで乗り換えがあるのですが、丁度1年前のこと。


初めての海外生活を選んだ地はバンクーバーでした。 カナダは旅行者はビザがなくても6ヶ月間滞在できる、ということで面倒な手続きもいらないし、仕事も辞めて、ウハウハ気分でバンクーバーの国際空港に到着。  

「ハロ~☆」 なんて浮かれて税関を通ろうとしたら、パスポートや航空券などをチェックし、「あちらの別室に行ってください」と・・・・・・・。

訳の分からないまま行ってみると、いきなり 「なんの目的でカナダに来たんだ?  不法滞在する気だろっ!!」 と何故か犯罪者みたいな扱い’~’

なんで~なんで~! 意味が分かりませんよ~っ


なぜ私達が疑われたかというと、帰りの航空券。

カナダには半年の滞在予定で日本で往復航空券を購入しました。 1年オープンチケットを購入したんですが、帰りの日付が1年後なんです。 そこのところは日本でも一応、確認したんですが、半年オープンは存在しないということと、カナダに行ってから、帰りの日付を変更して欲しい・・・ということで帰りの日付は1年後のままでした。



そのことを説明しても、税関の人は全く聞く耳持たず・・・・。
1人ずつ荷物と一緒に確認したいと言われ、まず先にシロが取り調べ。

30分後ぐらいに私が呼ばれ、職業、年収、預金額など諸々質問されました。

税関: 「あなたは彼と旅行しようと思ってるんでしょ? 彼の年収と残金はあなたより少ないこと知ってる? どうやって生活していくつもりなの?」


私: 「なぬゥゥ~~!! シロ、ウソついてたのか~~~!  いやいや、でもそんなわけありませんっ!! 年収だって、私より多いはずだし・・・・・・・ ;_; ほんとだよ。(涙)」


税関: 「そんなこと言ってもね~、 帰りのチケットは1年後だし、残高は少ないし、2人の荷物は少ないし・・・・・・・・・・カナダで働く気でしょ??


私:「はぁ~~~?? 働く気??  なんのことか・・・・


働けるもんなら、働いてみたいもんです。 そんな英語力があればねっ(怒)



税関: 「 どうも信用できないんだよ。 2人の表情をみても、不安そうな何か隠してる気がして。 それとも日本でもう働けないような事故でも起こした?病院で大きなミスとか。」


私:「(小さなミスならいっぱい起こしたけど大事には至ってません) 今回は計画的な旅行なんですけど。」   こんな状況になったら誰だって不安になりますよ・・・・・


税関:「今回ははっきり言って、入国は厳しい状況だから。 今のままでは入国させられないわ」


完全に不法就労疑いをかけられ、何を言っても無駄な状態・・・・・・ 緊張で足がガクガク・・・


次にラゲージチェック。

確かに私たちは荷物を少なくしました。 ラゲージとバックパック各1個ずつ。

その中にはテニスラケットも入っていて、不法就労する人がラケット持ってこないでしょ! とか、言っても無視。

洋服から手帳から隅々までチェック。 日本語で書いてる手帳なんて分かる訳がないのに1ページ1ページ確認。  その中に看護師をしてた頃の写真や旅行に行った時の写真がありました。


税関:「あ~本当に看護師してたんだね。  これは旅行かな、この写真彼だよね。」


私: 「はい、そうです。」


税関:「どこに行った時の写真?」


私: 「大阪にあるユニバーサル・スタジアムという所へ行った時のものです」


税関:「楽しかった?」


私:「はい、それなりに・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ??


今の質問は・・・・・・・ 入国に関係ないのでは・・・・?


税関:「 コレはなんだろう?」


私:「友達が持たせてくれた トバです。」


税関:「 なんの魚?」


私:「 鮭を燻製にしたものです。 」


税関:「美味しいものなの?」


私:「はい、美味しいです・・・・・・・・・・・・・えっ??



今の質問も関係ないですよねっ(怒)


愛用の正露丸とか蓋を開けて、匂いをかいだり・・・・。 暇つぶしか?
こんなわけの分からないダラダラとしたやりとりが30分ほど続き、シロの元へ。


私:「ねぇ、シロの年収と残高が少ないって言ってたけど・・・・」

シロ:「えっ ・・・・・・ 一桁間違ったかも!!」


あ~~シロもいっぱいいっぱいなのね・・・・・・。 

もう一度、残高を言い直し、たまたま持っていたATMの残高証明も見せる。


それでも・・・・

税関:「なんだか怪しいんだよ。」

と。  どうしたら、いいんですか私達・・・・・このまま強制送還ですか。


もう、なんとでもしてくれぇ~~~~い!!


投げやりな気持ちになっていると、


税関:「信用できない点がいくつかあるけど、とりあえず入国は許可することになったから。」



ようやく入国!! トータル3時間の尋問’~’  参りました。


カナダは好きだけど、空港で嫌な思いをしたので今回もとっても恐怖なんです。

同じ失敗は繰り返さないように、帰りの航空券は2週間後の日付。 残高を証明するために海外で口座を開き、それなりの金額を貯金。 

これでバッチリなはず・・・・・・・でもやっぱり恐い・・・・。  


入国時も担当の人の当たり外れがあるのかな・・・・。 どうやら軽くからかわれたようにしか思えません。
[PR]
by ahitehi | 2006-04-04 20:58 | NZ

サーベージ・パーク

先週、友達がオークランド市内から車で15分ほどの所にある、サーベージ・パークという公園に連れて行ってくれました。

天気もすごく良く、手入れの行き届いた綺麗な公園。

f0027550_20282518.jpg



見えている島はオークランドからフェリーで15分ほどのランギトトトウ☆

ランギトト島! 天気が良かったので、すごく近くに見えます。
f0027550_20312937.jpg




公園から見たオークランド市内。   この広大な敷地にふんだんな緑・・・・・・・
f0027550_20332540.jpg


やっぱり北海道にそっくりな光景♪

そんなNZともあと1週間でお別れです。
[PR]
by ahitehi | 2006-04-03 20:34 | NZ

ラグビー

昨日で語学学校は終了し、今日は兼ねてからシロの念願だったラグビーを観てきました。
学校の人達と団体で行ったので、1人1000円弱で観ることができラッキーだったかな。

ラグビー・スーパー14のNZはBLUES 対 南アフリカチーム★

はっきり言って、ラグビーのルールもよく分からない私・・・・ でもNZではラグビーの熱狂的なファンが多く、強いらしいので一度は観たほうがいいと言うことでしたが、やっぱりよく分かりませんでした^^:

このチームにはオール・ブラックスのメンバーが10人も入っているそうです。

国際戦なので試合前の演出もかなり派手。 しかも驚いたのは、地元なのでNZのサポーターが多いのはもちろん、なぜか南アフリカのサポーターもかなり多かった。

安い席でしたが、前から5列目ぐらいでハッキリと肉眼で見えます!
f0027550_2141638.jpg



綺麗なお姉さんばかりです・・・・
f0027550_2195881.jpg


結果はNZの圧勝でした。 ルールはよく分からないけど周りに合わせて、ワーワー・キャーキャー言ってみました^^v



ラグビー終了後、街中を歩いていると、NZのシンボルでもあるスカイタワーが綺麗だったのでパシャリと♪
f0027550_21133953.jpg


不気味な色合いがいい感じです★
[PR]
by ahitehi | 2006-03-31 21:14 | NZ

中華スーパーにて

最近は雨で遠くへ出掛けることもできないので、そんな時には近所にある中華スーパーへ遊びに行きます。

そこへ行くと、確実に刺激的な代物と出会うことができるので・・・・・^_^v

そして発見しました!! 



f0027550_19201764.jpg



    kancho~★

たぶん、カンガルー・チョコを略して 「カンチョー」  

そんな安易なネーミングでいいんですかっ? ’~’


日本のパックンチョのパクリでしょうか。 でもパックンチョは森永らしい。
[PR]
by ahitehi | 2006-03-27 19:24 | NZ

英語の先生

私の英会話の先生 ジョン!

入学した初日から彼はゲイだと思っていました。  物腰の柔らかい話し方、気の配り方、しぐさ、会話の内容。  どれを取ってもゲイ以外には考えられない!! 

別に海外ではゲイだからと言って恥ずかしがる人はいなく、むしろ自分はゲイだぜ!! と自ら告白してくる人もいたり・・・・・。

まぁ、ジョン先生とは日が浅いのでそんな間柄にもなく、ただ私の中でゲイに違いない!と勝手な妄想をして、会話をしていた。

そんなある日、ジョンが風邪をひき 「風邪を引いた時に日本の家庭ではどんな物を食べるの?」と聞かれ、生姜スープなんてどうだろうという話をしたところ、

「じゃ、彼女にお願いして作ってもらお♪」@_@ 

えぇぇぇ~彼女いたんだ~! いやいや、待てよ。役割的に彼女と呼んでるだけでは??

露骨に聞くのも、なんなので「彼女と一緒に住んでるの?」なんて、さぐっていたら「一緒には住んでいないけど、アンっていう彼女がいて・・・・」と。

アン♪  女の子の名前だ!ほっ。

いやいや、待てよ。 もしかするとアンディとかアンドレとかの省略??

そんなどちらかはっきりしないジョンが、彼のバンドが私の家の近くでライブをするということでお誘いを受けました。

土曜日の夜10時から。 そこは徒歩で行ける所。 

教えられた場所に行ってみても、どこを探してもゲイ・バーばかり!! 全部のパブにレインボーのマーク★

やっぱりね~。 と、さすがにゲイ・バーに入る勇気はなく断念したんですが、今日またライブのお誘いがかかりました。

またしても家から徒歩圏内。 もうおかま通りは勘弁してほしいと思っていたら、今回はアイリッシュ・パブ★

カントリー・ミュージック系で作詞・作曲も自分達でしているとか。
f0027550_20102859.jpg


右側がジョンです。
ピアノやバイオリンの演奏もあって、いい感じ。

パブの中は立ち見もするほど、人がごった返していました。

演奏が終了してから、ジョンと。
f0027550_20141976.jpg


NZではロック系が多くて、ちょっと苦手だったけど今回は静かにいい曲を聞けて、心が癒されました^_^

しかもジョンの彼女らしき人もいたのでゲイ疑惑も晴れて、私の中ではスッキリ!

ジョンのバンドの後にはアイリッシュ・ダンスなども見れて、いい日曜日を過ごしました。

ジョン先生、勝手にゲイと決め付けて、スミマセン^_^;
[PR]
by ahitehi | 2006-03-26 20:03 | NZ

食欲の秋

最近、スーパーへ行くと色鮮やかな野菜が揃っている。 しかも安い。

野菜大好きな私にはたまらない季節なんです。
f0027550_20352034.jpg


このキューリは海外では普通の大きさ!これで180円ぐらいです。

パプリカは日本では高かったので、ほとんど買ったことがなかったけど、2パックで200円ぐらいです。 どちらも美味しくて、生野菜サラダに最適です♪


そして今日はシーフードマーケットというところへ行ってきました。 普通のスーパーではなかなかシーフードが揃っていなくて、週末は特にシーフードマーケットは賑わっています。

f0027550_20421813.jpg



こんな感じで全て量り売り。  北海道では見たこともないようなカラフルな魚もいたりします。

私たちの目的は夜にするパーティーの具材探し。
f0027550_20452477.jpg


食べたことのない魚を試してみたい気持ちはあるけど、こんなに痛々しい表情の魚を食べる勇気はまだなく・・・・・。


結局、サーモン・粗・ エビ・ ピピ貝(アサリ貝のような感じ)を買い、帰宅。


やっぱり秋は・・・・・


f0027550_20575070.jpg



鍋ですよね★

今週2回目の鍋でした^^。 しかも同じメンバーでした。 

シーフード盛りだくさんの石狩風鍋。 最高です!!
[PR]
by ahitehi | 2006-03-25 20:48 | NZ

トライリンガルな彼♪

学校に今、私の中で注目度 No1な hot な彼がいます。

その彼とは、中国生まれ、韓国・日本育ちの 小太りのジャッキー・チェンもどき♪
(彼のことはジャッキーと呼ばせてもらってます。推定年齢30歳前後)

もちろん彼の母国語は中国語で普段は中国語を話して生活しているらしい。

でもクラスメートの韓国人に言わせると、彼の韓国語は「若干、中国なまりはあるが、普通の韓国人」らしい。 まぁ一見、韓国人に思えるほどの流暢な韓国語らしいです。

一方、彼の日本語はというと、何年ぐらい日本に住んでいたのかは分からないけど、私が聞いた感じでは・・・・・・


武田 鉄也が出演している、火曜サスペンスから学んだような日本語! なんです。


というのも、彼はシロのクラスにいる日本人女性のことが気に入っているらしく、休み時間の度にクラスに来ては・・・・

ジャッキー: 「 あの~お嬢さん、 今週末に○○へ行こうと思っているんですが、ご一緒に如何でしょうか?? ××しぇんしぇいが、すごく良いところとおっしゃっていたのでぜひ・・・

と、気持ち悪い日本語で積極的にお誘いしているらしい。最近では聞いたこともないような日本語で話かけるんです。 しかも相手の日本女性は推定年齢50歳前後。

ジャッキーの日本語はこれまた一見、日本人に見えるけど、先生が→シェンシェイになっていたり、 チケットが→ヂげッドになっていたりと微妙な間違いがあるけれども、99%はOKなんです。 過度を敬語を使っているのも、年上の女性へのアピールいうことで意識的に使っているのでOK♪

そんな彼、ジャッキーはまさにトライリンガルと言えるでしょう。


でも、そんなトライリンガルの彼がNZにいるには、訳があるわけで・・・・・・

彼は英語を勉強しにきています!! 私たちと同じように・・・・。



でも、でも、そんなトライリンガルな語学の才能に満ち溢れたジャッキーですが、悲しいかな、英語はイケテナイんです・・・・・。 スミマセン。


英語に関しては、エレメンタリ-・クラスという、多分「Hi, I'm Jacky.」をひたすら練習のレベルです。

ここが憎めない私のお気に入りジャッキーなんです♪  これで英語も完璧なら言うことなしですよね。 トライリンガルの上をなんと言うのかは知りませんが、彼には今のところ必要なさそうです。

でも、どなたか知っていたら教えてください。


そんなジャッキーから毎日、目が離せない私でした・・・・・^^
[PR]
by ahitehi | 2006-03-22 23:06 | NZ

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧