なんちゃって国際派ナースへの道



カテゴリ:英語と私( 37 )


空腹のパーティー?

英会話の先生スーザン。 年も近い(のか?)ので、何かとプライベートな話しをするほどの仲になりました。 いつかは飲みに行こう!と言っていたのですが先日、突然スーザン宅でのパーティーの招待を受けました。

その時の会話↓

スーザン: 「次の日曜日にうちにおいでよ。 私の彼はハンガリアンで、ハンガリー料理を作るから。 特にハンガリースープは最高なのよ♪」


・・・・私は即答できませんでした・・・・ それは、なぜかと言うと・・・・・

↑の文章の太字で書いた部分がポイントです!


スーザンからお誘いを受けた時の私の解釈は以下の通り。


スーザン:「次の日曜日にうちにおいでよ。 私の彼はハンガリアン(えっ?hungrian? =いつもお腹空いてるの?)で、ハンガリー料理(えっ? ハングリー料理?授業中にお腹グ~グ~鳴らしてたのバレテル??)を作るから。 特にハンガリースープ(ハングリースープ?って何? 血糖が一気に上がるような甘いもの?)は最高なのよ♪」



一瞬にして、こんな解釈だったわけで私がそんなに飢えてるように見えるのか・・・とか色々考え即答できませんでした。 彼がハンガリー人だとかハンガリー料理だとかの何の前情報もなく、

Hungary を hungryと聞き間違え、

Hungarian を hungrianと勝手に作りました^v^;(笑)

カタカナで発音を書くと違いはハッキリと分かりますが、時間のある方はちょっと辞書で発音記号を確認してみてください! Hungarian は一瞬 hungrierって言ったのか?とも頭をよぎったり。

 
1年以上も英語を勉強していて素直に認めたくないので書きますが、なんとまぁ発音がソックリなんですね!!!(笑)

そんなわけで次の日曜日にハングリー料理ではなくハンガリー料理をご馳走になりに出掛けることになりました。  スーザンよ、こんな私でいいんですか・・・・うぅ(T_T)

   英語上達への道のりは長いです’ε ’
[PR]
by ahitehi | 2006-09-20 12:20 | 英語と私

読書の秋

もうすっかりのトロント。 夏服しか持ってきていない私達には肌寒い毎日です(T_T)
街を観光する季節も過ぎたようなので、秋はやっぱり読書。

今までも英語の勉強の為にずっと本は読んでいました。 でも今回は今までとはちょっと違います。

今までの読書は語学勉強者向けの本だったり、ティーネイジャー向けの本だったりで明らかに私の年齢と本の内容にズレがあって、正直楽しめてはいませんでした;_;

そんなわけで今回は少しチャレンジして、自分の興味のある本を購入。
f0027550_12135197.jpg


セカンドハンドで$8.95で購入。 本当は違うものを探していたけど見つからなかったので、一度映画も観たことのある「ブリジットジョーンズの日記」を選びました♪

これなら年代的にも近いし、出てくる英語も割と身近なので大丈夫!と思ったけど、人生そんなに甘くはないんですよ・・・・・とほほ。


分からない単語を毎回調べていると進んでいかないんで、大体の予想でさらっと流すと文章の辻褄が合わなくなっていたり(笑)

「Keep your hair on!」   これは一体・・・・・緊張感を持って、とかいう意味なのかと勝手に想像したら全く逆でした。 「興奮しないで、落ち着いて」 という意味になるらしい。

    英語って難しい・・・・

そんなこんなで何度もくじけそうになったので誓いの意思表明。
f0027550_12263628.jpg


えぇ、(今回は)絶対に途中で投げ出しません。(前科あり^^;)

今のところは楽しく読めてますけどね★
[PR]
by ahitehi | 2006-09-11 12:30 | 英語と私

コングリッシュ 対 ジャングリッシュ

今の学校は95%以上が韓国人なので、韓国人の話し方の癖や言い回しが分かってきました。
韓国人の話す英語=韓国なまりの英語を彼らはコングリッシュと言うらしい。

韓国語には「F」の発音がないらしく、彼らはFをPに置き換えて発音しています。
例えば、 friend = プレンド とか father = パザー とか photo grapher = ポトグラパーなどなど。 
会話になると、「イプ~ マイ プレンド~・・・・」 など、なんだか憎めないような発音をしています。   気を付けている人も中にはいるけど、それは日本語にRやVの発音がないので注意しないとウッカリ和製英語になるのと同じらしい。

「あなたはどこに住んでいますか?」という質問に「I live in ピンチ!」 と答えた人がいました。 どんな所だよ!っと突っ込みたくなりますが、トロントにはフィンチという地名があるので^^;

そして、私のクラスにいる韓国人の女の子、エバーちゃんは最近日本にはまっているらしく、私に色々と聞いてきます。

エバーちゃん:「日本の本をよく読むんだけど中でも良かったのは、え~っと・・・・あの人!
ポトタコ の 本!

私:「 ポトタコ??@_@ (はは~ん、「ポ」から始まる名前は少ないから、例によって「ホ」か?)   う~~ん、 ホトタコ・・・・・・?」 

・・・・しばらく考えました。 でも分からない。

エバーちゃん: 「すごく有名な人だよ。 ポ・ト・タ・コ!!」

私:「 どんな内容の本なのかな?」

エバーちゃん:「えっとね~。 五体不満足の・・・」

私:「あ~~ オトタケ(乙武)さんね!!」 っていうか、全然違うじゃんっ’ε ’

韓国人にはこんな風に聞こえるんだ。 でも・・・ ポトタコ、ポトタコ、ポトタコ。
10回繰り返してみてください。  オトタケに聞こえてきます。 


っていうのは嘘ですが^^


そんなわけで韓国人の共通する英語の弱点は「F」ですが、日本人にはもっと沢山あります。

日本人が話す日本語なまりの英語=ジャングリッシュ(時にジャパ二ッシュと言われてます)。
日本語には V、R、thの発音がないので大変。 英語を勉強し始めて、誰しもが苦労する発音だと思います。

以前同じクラスにいた日本人女性のトモさん。

スーザン先生に「疲れてリラックスしたい時はどうしますか?」 と質問され、

トモさん:「 アイ テイク ア バス♪」 

スーザン:「 ほぇっ ’~’?? ・・・・・・・ う~~ん。 どこで、それをするの?」

トモさん:「もちろん家で。 日本人ですから~♪」

スーザン:「へぇ、 う~ん、はぁ~、それでリラックスできるんだね・・・・。 お、おもしろいね。」

トモさん:「そうですか?? 普通だけど。」

ってな会話が成立しました。 トモさんは疲れた時にはお風呂に入ってリラックス 「I take a bath」=日本人だから! と言ったつもりが bathのthの発音が入っていなかったために、「I take a bus」 に、なってしまいました>_<

それに気付かないスーザンは家でおもちゃのバスに乗ることがストレス解消になっていると思い込み、部屋の中でバスを乗り回す姿を想像していたそうです。

発音が出来なかったにしても、せめて頭の片隅に置いておくと良かったのに。

という私もなかなか苦労はしています。

昨日は「テクノロジーの進化について」 というテーマでした。

私:「私は基本的にテクノロジーとかについていけてないんで、パソコンもよく分かってないし。

あとデジタルカメラや セルポン!! あ~ッ!! セルフォンも苦手です;_;」

あまりに韓国人の影響を受けすぎて、思わずセルポンって言っちゃいました。(涙)
私は一体、何人だ??
自分でもビックリした。 もう、真似をするのは辞めようと誓いました!
[PR]
by ahitehi | 2006-07-30 14:18 | 英語と私

英語って難しい・・・★

テレビを見ていると、よく使われるFワード。  ここでは書けませんがF★★Kとか F★★KING
などです。 通常はテレビで放送される場合は「ピ~」が入っていますが、NZに居た時には、なぜかそこらへんが寛容でそのまま放送されていました@_@

北米ではもちろんFワードもS★★Tも「ピ~」が入ります。

そういう言葉はもちろん学校では学ばないし、英語を母国語としない私達が使うと間違いが起こりやすいので、あまり重要視していなかったんですが・・・・・。

先日、テニスへ行った時のこと。 隣りのコートで白人男性2人がテニスをしていました。
1球1球打つごとにFワード連発! 
    「F★★KING serve!!」
 
私の目にはすごく良いサーブを打っているように見えるけどFワード連発。

    「F★★KING nice!」 「F★★KING great!」


んん? F★★KINGって最悪・最低の状態の時に使うものじゃないのか? 
これじゃ~、いいサーブか最悪なサーブか分からない・・・・・・。 なんて、ぼんやりと考えていました。

そして別の日の出来事。 レストランに行きました。

すると近くに座っていた男性が美味しそうな料理を目の前に・・・

    「F★★KING delicious!」 「F★★KING great!」と。

それは美味しいのか、まずいのかハッキリしてぇ~~!

でも明らかに、その男性の顔は笑顔’~’

この使い方よく分からない・・・・・。 街中で若者達の会話に耳を澄ますと、すんごい頻度でFワードが使われています。 でも今ひとつピンとこない・・・・・・・・。

ので、学校で聞いてみました♪

私:「F★★KINGって、良い時にも悪い時にも使われているみたいだけど、どう使うべき?」

先生:「ププッ!! 女性はあんまり使わないし、若者しか使ってないと思うんだけどね。」


え~え~、どうせ若くないですが知りたいんですぅ~’ε ’(怒)


先生:「F★★KINGはスゴイってことを意味するから、前後の形容詞で判断するのと、表情やイントネーションで判断できるよ。」

  
 ほぉ~ なるほど! 日本語で言えば、「超」とか北海道弁で言えば、「なまらorわや」に相当する言葉なのね!! 


私:「じゃ~例えば、形容詞が付いてなくてF★★KINGだけだと分からなかったんだけど。
You are a F★★KING teacher.  と言われたらは??」

先生:「それはお褒めの言葉だから、Thank youって言うよ。実際言われたことあるし。」

   
   えええ?F★★KING と言われて、Thank you?  う~~ん、全然わかんないっ 

「F★★KING student」とか面と向かって先生に言われたら、例え笑顔でも凹みますよ・・・・。 褒められてるようには思えない・・・・。

 やっぱり英語は難しい・・・・★ この言葉使うつもりはないけど、もう少し勉強してみます。
[PR]
by ahitehi | 2006-06-20 12:13 | 英語と私

英会話って難しい・・・・

あ! no★★ji 先生のタイトルのパクリのようになってしまいましたが、そんなつもりはなかったんです・・・・・。 すみません^^;

以前、勤めていた病院でのお話しです。
脳外科部長の大先生は年に数回、ロスだのサンフランシスコだの、と国際学会のため出張していました。  そのため英文で書かれている論文を脇に抱えているのも、よく見かけました。

その大先生は 
ICU →  アイ・スィー・ユー
SCU → エス・スィー・ユー

たぶん、海外によく行き英語を話す機会が多いと、やはり「C」の発音は、「スィー」!
ここは譲れないのでしょう・・・・。 
私達は普通に「アイ・シー・ユー」と言っています^^

他にもカンファレンス → クァンファランス などなど、特に発音には気を付けているように感じました。

そんな、ある日。 朝方にフィリピン系の男性の方が脳出血でSCUに入院することになりました。
その方は日本語は話せなく、コミュニケーションは英語のみ。 普通なら、友達や市のボランティアの通訳の方などが来るはずなんですが、夜中ということもあり一人ぼっちで入院。そして朝を迎えました。

脳外科の朝の回診は脳外科医師全員とリハビリの人達が一緒になり、ちょっとした大名行列のようになります。 
大先生を先頭に若手の先生が夜中に入院した患者さんの説明などをしながら、1人1人診察していきます。

その頃、一応私も英語に興味があったので、他の人が話す英語にはもちろん関心があり、特に大先生は国際学会にもよく出席し、英語は堪能だと思っていたので、どんな会話をするのかとっても興味深々でした。
回診の後ろの方に付き、こっそりと見ることに・・・・・・・

通常、回診時に患者さんの意識レベル、手足の動き、麻痺が無いか、瞳孔などを確認していきます。(フィリピン系の方は意識レベル問題なし)

大先生: 「おはよう!○○さん」

フィリピン系患者さん: 「・・・・・・・・・」

若手医師: 「先生、この方、英語しか通じないんです・・・・」

大先生: 「 おぅ、そうか。   グ、グ、グッモ-ニン!!」

フィリピン系患者さん: 「Hi, good morning」

大先生: 「 じゃー、レベル診ますよ・・・・

    キ、キ、キャン、 ユー アップ ハンド?」

フィリピン系患者さん: 「yes・・・・・」 と、片手を軽く上げています。(*通常は両手を平行に上げるんですが)

大先生: 「 オッケー、オッケー!グー。」

  以上で意識レベルの確認は終了しました^^;


患者さんは病名などの説明を詳しく受けていなく、どうして入院が必要なのか教えてほしいと訴えています。

そして説明・・・・・・・




大先生: 「ユア ヘッド・・・・・ ブリーディング!  ユー ニード トリートメント、OK?


フィリピン系患者さん: 「Whaaaat ?? my head is bleeding??」

フィリピン系患者さんは頭から出血していると思い、パニック気味で頭を触り確認。

以上のやりとりで脳外科の回診は終了でした。 結局、何が原因なのかよく分かっていない患者さん。 回診後に他の先生から説明してもらい理解したようです^^


 英語って、いくら難しい論文が読めても、ボキャブラリーが多くても、会話となると別なんですよね。 きっと冷静に考えれば、専門なので 「ヘッド」 はないと思いますが・・・・(笑)

   
  
読めても、同じ事を話せない。 英語って本当に難しい・・・・・はぁ。

なかなか上達しなくて、へこみ気味だったので楽しかったことを思い出してみました♪
[PR]
by ahitehi | 2006-06-04 12:19 | 英語と私

ハーブって?

日本でもお馴染みの香料として使われるハーブ(herb)

NZにいる頃、ハーブを買いにスーパーへ行きました。

どうしても探せなくて店員さんに 「ハーブを探してるんですけど、ありますか?」

と聞いたところ 「はっ?? 何を言ってるか分からないっ! ハーフか?」と なぜか逆切れ気味に言われ、「スパイスに使う、ハーブ・リーフなんですけど・・・・」と言うと、

「何のことか分からない!」の一点張りなので、断念しました。

私の発音がそんなに悪かったのか・・・? と、一瞬落ち込んだけど、そこは中華系スーパー!
NZなのに、そのスーパーの中は100%アジアで英語ゼロ環境なんです。 
結局、私の英語が分からないという意味ではなくて、私達は英語が話せないということを聞き、ホッとしました!^^ 

しかし、シロが 「さっき Herb の発音どう言ったの?」 と聞くので 「 Herb は ハーブでしょ!」 と自信満万で答えると・・・・・・

Herbの発音は要注意だよ!! ハーブと言っても、他では通じないから。 アーブになるんだよ。」

  @_@  そうだったの~~!

辞書をひくと本当に アーブ の発音になってます。


その数日後、学校で料理の授業をした時に丁度 ハーブが出てきたので 「チキンに アーブをつけて・・・・」 と言うと、 NZ人の先生が 「ア・ アーブ??何それ?」 と。

アーブはアーブじゃん!! ← 覚えたてのくせに・・・

辞書を見せて 「これ! アーブでしょ?」 と説明すると 「う~ん・・・ NZではハーブって言うね。 イギリス英語はハーブって言うよ・・・アメリカのことは知らないけど。アメリカは変な発音が多いからね!」  何故か毎回アメリカの発音を非難する彼。 NZの発音も奇妙と思いますが・・・^^
  
えええ~~でも、 どっちだよ。 アーブとハーブ。

でもカナダでもアメリカでも Herb は アーブと発音しています。 
国によって発音が違うものになるのは英語を勉強する身としては辛いですね~。
[PR]
by ahitehi | 2006-04-25 12:42 | 英語と私

食文化の違い

NZでは飲めないものの、日本にいた頃は日本酒が好きで外食をする時は大体、日本酒の飲めるお店に行っていました。

日本酒を飲むには、食べ物にも人それぞれこだわりがありますよね。

私は日本酒と馬刺し♪  シロに教えてもらってから、大好物になってしまいました。


しかし!! 海外で「馬刺しが大好物!!」  というと、みんなが本気で引くということを知っていたので、聞かれた時には違う食べ物を言うようにしていたんですが、先日学校でのディスカッションの時のこと・・・・・


テーマ: 今まで食べた物で最高に美味しかったもの。


私のグループには韓国出身の女性、上海出身の女性、ジャパン代表の私、NZ出身のジョン先生。

まず韓国出身の女性が話し始め・・・・・・

韓国人女性: 「私はうなぎが大好きです。 ちょっと高級だけど、とろ~っとした感じがたまらない! 韓国ではうなぎを食べるとスタミナがつくということで、夏によく食べています。」

うん、うん、そうだよね。 日本も同じだね~。中国の人も頷いています。


ジョン先生: 「えっ・・・・・ うなぎって食べるものなの・・・・・?」


というのも、先日の授業でNZのある町ではうなぎに餌を与えることができるということで、有名な観光スポットになっているということをやりました。


韓国人女性: 「うなぎは食べるものだから、餌をあげるだけではつまらないと思う♪」

ジョン先生: 「・・・・・・そうだね。 NZでは食べる習慣がないから、分からないけど・・・・」


かなり引いてます^^;


そして次は私の番。 韓国の人がうなぎときたら、馬刺しを言ってもOKな気がしたので

私: 「 私は日本酒と一緒に食べる馬刺し、 生の馬が大好きです♪ はい、何か?」


一同: 「・・・・・・・・」   やっぱり引きました・・・・・・ @_@;


ジョン先生: 「それはどんな姿で出てくるものなの?」

と、どうやら馬1頭をみんなで切り分けて、食べる姿を想像していたようです。でもNZの人だってラムを好んで食べるのと同じように、馬だって同じように食するのはアリなんじゃないか! しかも出てきたら、あの馬からは想像できないし。 

日本に行った際には一度、お試しあれ♪と言ってみましたが、顔が引きつり気味でした^^;


やっぱり馬を食べるという話しは引くようです・・・・・(涙)


でも中国ではもっと凄いものを食べたりするのでは??

ということで 「カエルとかよく食べたりする?」 と聞いてみたところ

中国人女性: 「もちろん!! チキンみたいな食感で、でも小さいから食べるところが少ないの。 カエルの血管は太くて、不味いから自分で血管を取りながら食べるんだよ。」



血管を自分で取りながら~~っ !! すごすぎる・・・・


私: 「他に珍しい物とか食べたことある?」

中国人女性: 「 う~~ん・・・なんだろう。 別に変わった物は食べてないと思うけど・・・・」

私: 「じゃ~、昔、映画になった猿の頭を食べるって本当の話し?? 」


と、冗談のつもりで聞いてみました・・・・・・・ ところが・・・・・





中国人女性: 「あぁぁ~~、そうそう! すごく高級なものだから、食べたことがある人は少ないと思うけど、ラッキーなことにすごい昔に食べたことがあるの。 広東の人達が主に食べるらしいよ。」



うぎゃ~~~~っ@__@ うそ~~~!!


*ここからは少々、生なましい話しになりますので、興味のある方のみご覧ください。*






詳細を聞くと、猿を食べるにはその専門店があり、まず生きた猿がテーブルに運ばれてくるそうです。
そのテーブルは二つに分かれるようになっていて、真中に猿の頭を挟み固定できる仕組みになっているらしい。
猿の頭だけをテーブルの上に出るように固定したら、頭を叩き猿を興奮させ、わざと頭に血がのぼるようにさせる。
そして金槌のようなもので頭に穴を開けて、そこに熱湯を注ぎ、スプーンですくって食べるらしい・・・・・。  どうやら、猿は一匹出てきても、食するのは頭の脳の部分だけみたいです。




なんていうか、私の大好物の馬刺しなんて本当に可愛いものですよ。 参りました。

もう、いいよってぐらいリアルに語ってくれましたが、 ジョン先生は顔真っ青・・・・。

みんな、声も出ないくらい衝撃的でしたね。

まぁ、これも食文化の違いですから、いい勉強になりましたけど。


うなぎ・ うま・ さる が大好物なアジアの女達♪


ジョン先生は一生涯、アジアには足を踏み入れないことでしょう・・・・・・・。
[PR]
by ahitehi | 2006-04-02 20:03 | 英語と私

変な日本語

私の学校にいる日本人、ほとんどの人は1人で海外にきてホームステイをしています。

ずっと英語環境にいて始めは良かったけど、自分の意志がうまく伝わらない、愚痴りたいけど愚痴れない、文化の違い・・・・などで日に日にストレスが溜まってくるらしい。

幸い、私はシロと生活しているので普段はもちろん日本語。 

同じクラスの女性Kさんが日本語でゆっくり話したいということで、先日Kさんを家に招いて飲むことに・・・・・。

そのKさんはNZに来て3ヶ月。 私と同い年の女性です。

日本語でKさんとゆっくり話すのはお互い初めて。 でも会話をしていると何か変なんです・・・・。


Kさん: 「 えーっと学校にいる・・・・・韓国人のシスター・・・・・・えっと、えっと・・・・・・・」

私: 「 う~ん、誰だろう??」


Kさん: 「 う~ん、 ・・・・・・・・」


・・・・・2分後ぐらい・・・・・・


Kさん: 「あ!! シスターは姉妹ね!!



@_@  え~~~悩んでいたのは、そこだったの~??


そんな会話から始まり、一抹の不安がよぎりました。


Kさん: 「 NZに来る時は○○のair plane ・・・・・・・・・あ、飛行機で来たんだけど、seatが狭くてuncomfortable ・・・・・・・・・・・あ、居心地悪くて~、疲れちゃった。 ホームステイの家dirty・・・・・・・・・・ あ、汚くて、毎晩のようにパーティしていて、ベリー・クレイジーなの。 他の生徒もすごく朝が早くて、睡眠は十分に取れないし、毎日 スリーピー& タイヤードなんだ。 みんな ベリー・クレイジー!! 」

私: (はぁ、さようですか。  あなたも若干、クレイジーよね♪


日本語なのに、こんなにぎこちない会話が続きました。 
毎日、英語を話しているので日本語がなかなか出てこないらしい・・・・ ’~’


確かに私はいつもシロと日本語だけれども、29年間も話してきた日本語を3ヶ月で忘れるとは思えません!

確かに私もぎこちなく、日本語がなかなか出てこないことはあります。が、 それは元々、日本語が苦手だから♪♪

Kさんとの会話のテンポが合わないのと、常に類推しなくてはいけない状態でシロと私はグッタリ。
Kさんはお酒も入った勢いでしゃべりまくり、結局ソファーで寝ていきました。


そして学校での日本人女性数名の会話。

「今日、学校終わったらstudy する? それともtea する?」

「私は take a nap したいな~。」

「It's good idea だね~~ ベリー・ナイス・チョイス!」

「私、no money だから、あんまり外食できないし~、本当poorだから」

「OK, I see! 」



バカすぎる・・。 

このような会話は英語上達に役立つのでしょうか・・・・・・かなり疑問。

英語なら英語、日本語なら日本語のどちらかに! この人達の口癖は 「日本離れると、日本語忘れていくね~」です。 あり得ません。 



こういうのを北海道弁ではんかくさいって言いますね。
[PR]
by ahitehi | 2006-03-30 19:21 | 英語と私

海外生活の必需品♪

今、行っている学校は会話中心で2時間与えられたテーマについて、3~4人のグループでひたすら討論を繰り返す。

テーマは日によって違うけど、首相についてどう思うか? など政治のことや男女の問題、 文化について等など。

そして昨日は「母国を離れる時に必ず持ってくる、あなたにとっての必需品は?」 というテーマだった。

私のグループは日本人・韓国人・中国人の女の子のみ。 そして始めに日本人の女の子(Fさん)が話し始めた。


Fさん: 「 Of course ディック! My ディック is great.  コレがないと海外で生活していけないし、 私にとって必需品よ!!


どひゃ~。

あなたは日本から誰を連れてきたの・・・? それともあなたは男?




私:「 ・・・・・・・・・でぃ、ディックはまずいでしょ・・・・。 なんか間違ってない?」


Fさん:「 えっ? 私の電子辞書!dictionaryを略してディックでしょ!?」


私:「まさか~~~! 電子辞書の略がディックはまずいと思うけど・・・・」


Fさん:「だって、私の辞書にディックって書いてあるから・・・・・」



あぁ~本当だ! DIC って書いてある!’~’  ケースにしっかりとDICと書いてあります。
スペルは違うけど、発音するとやっぱりコレはディックでしょうか・・・。

でも全部、大文字でディックとは読まないと思うし、これはDegital × × ICの略らしい。


それをFさんはdictionaryの略と勘違いして、「私のdic は賢くて、すごいんだ!海外生活にはdic は絶対必需品なの♪」 と笑顔で話していた・・・。

ちなみにFさんは こちらのdic● については全く知らなかったので、こんな事が堂々と言えてしまったけど、かなり恥ずかしい失敗。 

女性グループだったので良かったけどね、 ってブログでばらしちゃった・・・・・^O^v ゴメン!


きっとFさんと同じくdictionaryを省略して言えると思ってる方は他にもいるんじゃないでしょうかね。 

ちなみにFさんは今まで友達との会話の中でもdic と言っていたそうです。恐るべし!



* もう1つのディックの意味はここでは記載できませんので、各自お調べください *
[PR]
by ahitehi | 2006-03-16 18:24 | 英語と私

イングリッシュ ネーム

私のクラスメート。

パリス・ ブライアン・ ローラ・ マイコー・ クリスティ・ キャサリン・ ジェームス・ ジョン・・・・・


など、ゴージャスな名前の人達ばかり。  この名前だけ見ると、ブロンドヘアでモデルのようなカッコイイ人を想像してしまうけど・・・・



お~~い、 ブライアンはどこだぁ~いっ!


と周りを見渡しても、アジア人のみ。


そうなんです。 韓国や中国の人達はほとんどがイングリッシュ・ネームを持っていて、母国を出ると本名かのように使います。
しかも公式のものではないので、「今日からパリスって呼んで♪」 っていう軽いのりだけど、テストなんかには 「パリス」と書いている。


1つには韓国語だと他の人が覚えずらいとか、呼びにくいなどがあるんですが、 どう考えてもやっぱり名前負けしている・・・・・。   


例えて言うなら・・・堀ちえみさんに ジェニファーとかいう名前が付くほどの違和感。

例えばなんですけどね。うふ

ジャパニーズ・ネームを持ったほうがいいんじゃないの? っていうぐらい本当に違和感。
日本人にはとても恥ずかしくて、イングリッシュ・ネームなんて持てませんね。


私のクラスに今日からイングリッシュ・ネームを使い始めた韓国の女の子がいました。


ジェニス★  由来はよく分からないけど、たぶん 「よしこさん」とか「 はなこさん」とかのほうがしっくりくる気がしてならないんです。



でもカナダで出会った韓国人の友達は中国の大学に留学中。夏休みを利用してカナダへ英語の勉強。 いわゆる語学おたくなようで、チャイニーズ・ネーム+イングリッシュ・ネーム+ジャパニーズ・ネームも持っていました。


そのジャパニーズ・ネームは日本人の友達に付けてもらったらしく、

 ひでみ★英美(漢字つき)


その日本人の友達のセンス抜群ってほど、彼女の雰囲気に似合ってる気がします^^


私も韓国の人達にイングリッシュ・ネームを作るように勧められたりもします。


「例えば、私に似合うイングリッシュ・ネームはどんなのだと思う?」と聞いたところ、


フラワーとかゴージャスとかいいんじゃないかな~。

と、言われました;;


それ本気ですか~~~。 無理でっす。 

私はジャパニーズ・ネームでいいやっ!!
[PR]
by ahitehi | 2006-03-06 19:01 | 英語と私

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧