なんちゃって国際派ナースへの道



カテゴリ:トロント2006( 68 )


ニューヨーク旅行

前回、ナイアガラの滝へ行った時に利用した旅行会社が期間限定でニューヨーク旅行のパッケージツアーを出しているのを発見。

        ニューヨーク4日間の旅 
     
     1人$259 !! 2人で約5万2千円。

もちろん、こんなだけ安いので飛行機ではなくバス。 地図上ではトロントとニューヨーク、とっても近く見えるけど、実際バスで9時間ぐらいかかるらしい・・・・
この料金に含まれるのはバス代、ホテル3泊、市内観光。 十分です♪

でもここはチップが必要な国で、バスの運転手、バスガイドさんに1日$8(USドル)を払わないといけないらしい・・・・。 なんて面倒くさい制度。

今のところの予定は
・自由の女神をみる
・オペラ座の怪人をみる
・シルク・ド・ソレイユ(時間的に余裕がなく、たぶん無理そう)

以上。 その他、少しだけ市内観光はツアーに含まれているので。

ということで、7月にニューヨークへ遊びに入って来ることに決定しました!

本当はヨーロッパ旅行を考えていたけど、予算的にかなり厳しくなりそうで、近場の旅行をすることに決定。

f0027550_11451058.jpg


ガイドブックも購入し、色々と調べているところです。
1つ不安なことは、予約したはいいがホテルの名前が書かれていない・・・・・@_@
一応、2人部屋ということですが、ホテルの確認ができない。 安いので文句は言えないけど、かなり不安。  ネズミとゴキブリだけは勘弁してっ!
[PR]
by ahitehi | 2006-06-11 11:34 | トロント2006

カナダのトイレ

英会話スクールのクラスメートの1人は明日が最後。
彼はもう少し勉強したいらしいけど、金銭的に困難な状況・・・・・
と言っていました。
その状況を説明する時に彼は「hardship」という言葉を用いました。
hardship= 苦難、困苦な状況

深刻な状況を伝えるはずだった彼はhardship を言い間違えて、

hard shi★ ・・・・・・・・@_@ (★にはピ~が入ってしまいます、書けません^^;)

    いやいや、便秘なのか・・・? 1人、ツボに入ってしまった私。
          悲しいお別れのはずが一転。



そんなきっかけがあり、今日はカナダのトイレについて触れてみます。汚い話し続きですみません。

カナダのトイレと言っても、多分アメリカやイギリスなどと大きな変わりはないと思いますが、日本のものとは違う、私にはどうしても許せないことがあります!

それはまず、デパートや学校などのほとんどのトイレがセンサー式で水が流れる仕組みなっています。
f0027550_11491977.jpg


手を触れることがなくて、それは良いんですが・・・・・・・ センサーがかなり敏感に働きます。
普通は用が済み、立ち上がるとセンサーが作動し流れるんですが、座ったまま少し前かがみになっただけでも、ジャ~ッ
しかも、その流れ方はハンパじゃありません。ナイアガラの滝並みに激しいもので、流れる瞬間に腰を掛けていようものなら大変です;_;

そして、このセンサーはしばらく気配を感じなかったら、3分後には流れる仕組みになっているようです。
えぇ、3分以上座っていたい時だってありますよ! 
なのに、私の意思とは無関係にジャ~ッ!! 

  全然、落ち着きません>_<

あと、もう1つ許せないこと。 それは、トイレ個室の周囲の壁が完全に覆われていないこと!
日本ではあり得ませんよね。
f0027550_11593663.jpg


こんな感じで隣りの人の靴とズボンは確実に視界に入ってきます。 
しかも扉にも隙間があって、普通は見ませんが見ようと思えば、待っている人と目が合ってしまうほど。
これまた落ち着きません。

シロは外出時になぜか腹痛に見舞われます。 なるべく静かな環境のところを捜し求めて彷徨います^^;

そして見つけて入っていくにも関わらず、大抵は腑に落ちない表情で用は足さずに戻ってきます。
なぜかというと・・・・ シロが入っている時に限って隣りに人が入ってくるそうで。
何もわざわざ隣りに入らなくてもいいのに、足元が丸見えの状態(男性は足元までズボン・下着を下げる人が多いそう)で、見たくもないのに隣りの人の下着まで目に飛び込んでくるとか。

そもそも、どうして個室の足元部分が開いているのかというと多分、個室内の犯罪予防なのでしょう。 確か、アメリカに行った時は膝ぐらいまでしか壁が無かったような気がします。

でも、男性用トイレで足元の隙間から隣りに引っ張り込まれて、暴行されたということも聞いたことがあります。
ゲイが多い国なので、男性用のトイレも油断はできないようです’~’

そんな話しを聞いていたら、確かに隣りに入られて落ち着かないのも分かりますが・・・・・せめてトイレは落ち着く環境にしてほしい。

     日本のトイレはやっぱり最高です!!
[PR]
by ahitehi | 2006-06-08 12:25 | トロント2006

平日の午後には・・・

学校は10:00~12:30までで、近くでお弁当を食べて帰ってくると14時くらい。
カナダはサマータイムを利用しているため、21時頃まで外が明るく1日が有効に使える気がします。

最近、家の近所にトリニティ・パークという綺麗な公園を見つけたので、午後からはそこで過ごすことが多くなりました。
無料のテニスコートもあるのでテニスをして、その後はフリスビーをして・・・・・。
   暢気な生活ですね・・・’~’

f0027550_1144918.jpg


あまりにも気温が高かったので、内緒でビール持参しました。  (本当は絶対にいけないことなんですが) 
 
   でも平日の昼間に外で飲むビールは最高ですっ★

公園の中にカナダの名産でもあるメープルの木を発見しました。 といっても、この木から樹液が取れるわけではないそうで、甘い香りも何もしません。
f0027550_11505463.jpg


カナダの国旗と同じ葉っぱです。

この公園はダウンタウンから割と近いのに、リスが沢山います。 しかも人間馴れしすぎています。 色は違うけど、たぶん全部リスかな・・・・。
f0027550_11585168.jpg


カナダはアメリカに継ぐ肥満大国だそうで、リスも太っています^^;
[PR]
by ahitehi | 2006-06-07 11:56 | トロント2006

お気に入り

今日は久々にシロとワインを飲むことに。

これはオンタリオ州(トロント)のワインです。
去年、バンクーバーにいた時から、お気に入りでよく飲んでいました。

f0027550_1131099.jpg


PELLER ESTATES というワインでお値段は$8.95(約900円)とお手頃です♪
日本でこの値段のワインを買うのは、ちょっとばかり勇気がいりますが、こちらでは割と平均的。
上には上がありますが、テーブルワインとしては妥当な値段な気がします。

甘いタイプは好きではないので、これはカベルネのmedium-body。
スッキリ・サッパリな好みのワインです。 

チーズはデンマークで作られたブルーチーズ。 相性抜群です★

種類豊富な中から新しいワインを試すのは、かなりの勇気がいり(若き頃、何度も痛い目に遭っているので;_;)、何かのきっかけがないと一歩踏み出せませんが、このワインはバンクーバーにいた頃、同じ家の日本人女性がたまたま買ってきて、以来はまっています。

この女性はTさん30歳。 かなりのお酒好きでよく一緒に飲みました。
彼女の飲み方は豪快で酔い方も豪快!
ジーンズのチャック全開で飲み、すぐ寝てしまう。
リビングから彼女の部屋まで徒歩10歩ぐらいなのに、毎回決まって
「私の家は駅から結構遠いので、送ってもらわなくても大丈夫で~す」・・・・・・。

はい、はい、心配しなくても大丈夫ですよ。ちゃんと部屋まで送り届けますから・・・・・。

「いえいえ、本当に遠いから、いいですよ~」

の、上記を繰り返し。 こんな近距離でも1人で歩いて部屋まではたどり着かないという。

こんな彼女から教わったワイン、今でも飲んでいます^^★ Tさん元気かな?
[PR]
by ahitehi | 2006-06-05 11:22 | トロント2006

カサ・ロマ

19世紀に建てられたというトロントの歴史的建造物。
カサ・ロマ

f0027550_1141174.jpg


f0027550_11424036.jpg



当時は個人の所有物だったそうですが、現在はトロント市が管理し、観光地になっています。

中に入ることもできます。
f0027550_11453212.jpg


まるでディズニーランドの作り物の部屋のようですが、当時を忠実に再現しているらしい。
f0027550_11483363.jpg




感想はと言いますと・・・・・・・

え~っと、においがですね、きっついですね。

なんのにおいかと言うと、人々のにおいです。 はい、カサ・ロマとは関係ありませんね。
この日も暑い日だったんですが、混んでいて人々とすれ違う度に 「おぇっおぇっ」。

日本人にはないような体臭を発していらっしゃいますT_T 
看護師をしていた頃も多分、におい系には弱くて、すぐ「うっ」と来るんですが、こちらの夏の体臭はハンパない。 脇にスカンクでも抱えているのか・・・・・と。

     カサ・ロマの思い出=におい♪ 

カサ・ロマは見る価値があると思います。 なかなか見ごたえあり、良かったですよ。
[PR]
by ahitehi | 2006-06-01 11:42 | トロント2006

TTCストライキ

相変わらず真夏日よりは続き、昨日の最高気温34度!

家にはエアコンが付いていないので、学校へ行って体温を下げなければ・・・・と思っていたら、月曜日の朝なのに外が静か。
家の前にはストリートカーが通っているのに、音がしない・・・・・・なぜ?

ニュースを見てみると、どうやらTTCがストライキを起こしているらしい。
TTCとは、ストリートカー、地下鉄、バス、のトロントの公共交通機関のことで、一枚のチケットで乗り換えが自由!という、とっても便利なものと思っていたけど、このTTCがストライキを起こしたお陰で、タクシー以外の交通機関がなくなってしまったんです。

私達はストリートカーと地下鉄を乗り継いで学校まで通っているので、徒歩では絶対に行けない距離。  ということで、学校は休まざるを得ませんでした。

こんな気温のなか、街は歩行者や自転車、ローラースケートの人なのでパニックになっているし、家にいたほうが無難なので家で勉強することに・・・・。

でも暑くて・暑くて集中できない&頭に入らない=効率悪いので終了!

トロントは北海道と同じ緯度にあるのに、北海道では体験したことのないような湿度。
本当に息苦しいんですね。 噂では体感温度は40度ぐらいだったそうで、夜の10時になっても室温は30度を越えていました★

これって、いわゆる熱帯夜ってやつでしょうかね~。
窓を開けるとゴキブリが入ってくるので、開けない方がいいと言われ、風の通り道が全くなく無風状態。 やけくそになってビールを飲むと益々、汗が出る。
シロは目がうつろ→呂律も回ってない→脱水→血管詰まった? 脳梗塞?

     強制的に水分補給としました!

限界に近づいていた、エアコンなし生活も今日で終了しました。 大家さんが今日、ようやく設置してくれました~★  でもトロントの夏本番はもちろんこれから・・・・・・・・(涙)


そしてTTCのストライキも強制的に終了させられ、夕方には解除。
カナダではストライキが頻繁に起こるらしく、TTCは今回で3回目、去年にはごみ収集業者が1ヶ月のストライキを起こし、街中のゴミが溢れかえったとか・・・・・@_@

    おそるべし、トロントニアン! 
[PR]
by ahitehi | 2006-05-31 12:05 | トロント2006

ナイアガラの滝

2~3日前から、いきなり気温が上がり今日の最高気温31度!

寒さにも暑さにも弱い、北海道産のやわな体の私達は既に限界に近づいています・・・・。
まだエアコンが設置されていない家にいると、体が溶けてしまいそうになるので、今日はナイアガラの滝へ行って来ました。

ダウンタウンからバスで90分。 往復バスで$5(500円)という激安ツアーです。

ナイアガラの滝。 
f0027550_11214264.jpg




ここへ来たら、やっぱりアレ・・・・・

f0027550_11224678.jpg


滝壷まで行ける 「霧の乙女号」
1人$14で青いカッパももらえます。  みんなネズミ男みたく被っても、あまり効果なく全身ずぶ濡れ・・・・’~’

それはそれで楽しかったけど、滝壷のあたりまで行くと、水しぶきでほとんど周りは見えません。


この湖をはさんだ向こう側はアメリカ。
f0027550_11271610.jpg

(マウスがないので、文字が上手く書けませんが・・・)

アメリカ側からも霧の乙女号が出ています。 こんなに近いけど、入国しないといけないので簡単には行けず。


アメリカ側の滝です。 黄色いカッパを着て、直接滝の下まで歩いていけるという、激しいツアーがあるらしい・・・・・楽しそう・・・。

f0027550_11295073.jpg



滝の裏側を歩いて渡るというツアーもあるようなので、次回はそちらに挑戦してみようと思います。
[PR]
by ahitehi | 2006-05-29 11:33 | トロント2006

beer market

先日、映画(ダ・ヴィンチコード)を観た後に周辺を歩いていると、beer market という所を発見してしまいました。

ドイツやベルギーなど各国のビールが飲めるお店が5軒ぐらい連なっています。
f0027550_116777.jpg



見つけてしまっては入らないわけにはいかないので、そのうちの地ビールレストランに入ってみました。

そして、ずっと探し求めていた ろ過前ビールのバイツェン発見★
f0027550_1192210.jpg


やっぱりコレは地ビール工場をもっている所じゃないと飲めないみたいです。
種類がかなり多かったので、またもテイスターを注文。

  若干、尿検査風ですが・・・^^;  この濁り具合が最高です。

どれもこれも美味しかった~!!
[PR]
by ahitehi | 2006-05-26 11:13 | トロント2006

ベジタリアン & ビーガン

ベジタリアンは日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、海外に出るとベジタリアンの方々が結構います。 なので、ベジタリアン用のレストランやファーストフードでもベジタリアン用の食事が用意されているほど。

宗教的なことで肉類が食べれない方も中にはいるかもしれないけど、大半の人は健康意識が高い人たち。 イギリスの小学校ではクラスの3分の1ぐらいの生徒がベジタリアン・・・・ということもあるそうで、「私、今日からベジタリアンになろうかな~♪」みたいな感じで、自らの意思で突然ベジタリアンになるそうです。 

いわゆる流行のようなものらしい。 宗教は絡んでいないので、何十年もベジタリアンだった人が結婚をきっかけに普通の食生活に戻って、肉をモリモリ食べている・・・・なんて人も見たことがあります @_@

ベジタリアン(vegetarian)・・・肉・魚は食べないけど、乳製品は動物を殺さないのでOK

ビーガン(vegan)とは・・・絶対菜食主義者。乳製品も食べません。 


海外に出て2人のビーガンの人に出会いました。 
1人目はNZの学校の先生。 とっても細くて、色白で栄養が行き届いていない感じに見えたけど、それでも将来肥満になるぐらいなら、細い方が絶対にいい!と言っていました。

2人目は今の英会話スクールのマギー先生!

信じられませんっっ!!  何がって・・・・・・・・

    すんごい肥えてるんです。



アニマル・プロダクト 隠れ食い疑惑あり★  



こんな事を言ったら失礼だと思うけど、野菜だけでどうやってそこまで太れるの?? と、みんなが疑問に思っていることでしょう・・・。

真相を知りたかったので、普段の食生活や好きな食べ物を聞いてみると・・・・
好きな食べ物は・・・ブロッコリー &  テンプラ!


おぉ~ なるほど! テンプラを沢山食べれば、無理もないかも・・・・納得です。

テンプラとご飯が大好きだそうで、結構な頻度で食べてるらしい・・・・・。
普段はミルクの代わりに豆乳、 豆腐や果物などを食べているそうです。

本物のテンプラを食べに日本に行ってみたいと言ってたけど、日本でビーガンの人が暮らしていくには、かなり難しいような気がしますね。
[PR]
by ahitehi | 2006-05-25 10:56 | トロント2006

ダ・ヴィンチ・コード

カナダは日本と比べて映画がとても安く観れます。
特に火曜日には割引をしている映画館が多く、新作のものでも$4.5(450円)!

今日は今、話題のダ・ヴィンチ・コードを観てきました。

 

原作も読んでいないし、難しい内容のうえに英語で理解できるんだろうか・・・・・・と不安はありましたが・・・・・・



やっぱり難しかった~@_@  たぶん1割ぐらいしか理解していないかな。

始まって15分後には意識が遠のき、気付いた時には登場人物がいきなり増えていた。
しかも言葉も難しい&フランス語が多い! 隣りのカップルは終始いちゃいちゃしている←そうなる気持ちがよ~く分かります・・・・。


映画が終わってから、事前に原作を読んでいたシロに色々と教えてもらっても、今ひとつピンと来ない部分もあり・・・・・・・。 今度は日本語版で原作を読んでみたいと思います。

ま、450円だったので後悔はあまりないんですが。 
[PR]
by ahitehi | 2006-05-24 11:09 | トロント2006

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧