なんちゃって国際派ナースへの道



悲劇の1日 

今日はとっても衝撃的なことが起こりました。 そして、かなりブルーです・・・。

昨日から引き続き雨は降り続いており、一か八かで学校へ行って見ました。
先生が来てくれたので授業を受けることができ、シロの授業が終わるのを教室の前で待っていた時のこと。


椅子の横にカバンを置いて本を読んでいました。 カバンの持ち手に木の枝が付いている・・・・

おや? なぜ室内で木の枝・・・? と思った瞬間。 ショッカクガミエタ・・・


    うぎゃ~~~~&%4#&%@_@


カバンの持ち手から動く様子のない奴。 カバンのチャックは開けっ放しだったので、もし何かの拍子にカバンの中にポトッ なんて事になっては一大事。
そこで傘で少し、カバンを揺らしてみることを決心しましたT_T

しかし平常心ではない私。 誤って、カバンごと床に落下。

しかも、なぜかカバンが逆さまに落っこちた・・・・って、ことは、その中に奴がいる・・・・・


もうパニック!!       
狭い廊下を年甲斐もなくバタバタと走り回り、ジャンプしたりしていると、異変に気付いたシロと先生のジョセフ。



やめてくれ~~ジョセフ~~!


と、叫んだ、その瞬間・・・・ カバンの横に居続けた奴を靴で踏み潰しました。 

「No problem」 じゃーないよ!(怒)    問題大有りです! 

またクラスに戻っていったシロとジョセフ。 残されたのは私とゴキさんの死骸。(部屋の隅に追いやられたけど)

視界に入らないようにしているのに、なぜかピクピクしているのが見えます。

チラッと見てみると、羽を広げている・・・・!  うっそ~~@_@ 何故ゆえに、そんなに生命力が強いんですか?

隣の部屋に行くには、まさに羽を広げているゴキさんの横を通らねばいけないわけで、でも自分では何も対処が出来なくて、またウロウロとしているとスタッフがやってきました。

彼は九州出身のYさん。 事情を話し、ゴキさんを処理してもらい、床に散乱した私の荷物も片付けてくれました^^;  ゴキさんに接触したものが怖くて触れなかった・・・。

にしても、こんなに大接近したのは人生で初めて!

これもフィリピンならではの体験なのでしょうか? ゴキさんは人には寄ってこないと聞いたので。


あ~あ、 夢でうなされそうなほど、衝撃的な出来事だった。
[PR]
by ahitehi | 2007-11-27 17:10 | バギオ(フィリピン)
<< 悲劇の1日 パート2 入浴セット >>

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧