なんちゃって国際派ナースへの道



アフリカ人友達

日本にいる時に知り合ったアフリカ人のお友達、ロザリン。

昔の記事でも紹介しましたが、こんな出会いでこんな事もありました。 

私がロザリンと出会ったのは3年以上も前のこと。 当時は日本語も全く話せなくて、私も英語を話せなくて苦労しました。

私が日本を離れる直前に、私の実家まで車で3時間もかけて、遊びに来てくれました。 そして夜にはお決まりのアフリカンダンスを私の家族にも披露してくれて、なぜか母も一緒に踊ってました@_@

そんなロザリンとは今でも連絡を取り続けています。 しかし驚いたのは、私が海外にいる現在でも週末に私の実家で泊まっていったり、母親と電話やメールのやりとりをしているということ。
しかも全て日本語だというから驚きです!

2人の息子、ハリー(6歳)、ジェフ(8歳)はすごい上達振りで、完璧な北海道弁を話すそうです。

これ、すごいべ!   さむいっしょ?

はっきり言って、きもいです(笑) 見てみたいけど・・・。

夫アンディの研究も今年の10月で終了、帰国も迫ってきているようですが、子供の学校のことなどを考えて来年の3月まで日本にいるそうです。 何より、北海道が気に入ってしまったようで、食べ物が美味しくてたまらないそうです。 いくら、うに、ザンギ(鶏のから揚げ) 最高★ などメールに書いてありました・・・・。 そりゃ、美味しいでしょうよ。私も恋しいよ・・。

そんなロザリンは数箇所の中学校で英語を教えているそうです。
地方の新聞に載ったらしい。
f0027550_1345949.jpg


日本とガーナの文化の違い・・・・・ 沢山ありすぎて、本当に苦労したことでしょう。
スーパーでは陳列している果物を勝手に試食。  
ラーメンを食べに行ったら、満面の笑みで素手で麺をわしづかみ、家で焼き肉をした時には、ホットプレートから素手で肉をつかむなど、信じられない場面に沢山出くわしました!

今でこそ、日本語がペラペラになってしまったロザリンですが、当時はロザリン名言集ができそうなほど。
ロザリンから電話が掛かってきた時のこと。

「スミマセ~ン。 オナラ ガ イタイ。 チ デル。」


・・・・・オナラが痛い? 血が出る?  ロザリンか?と思ったら、なにやらオナラではなくオナカの間違いだったり。 

動物園に行って、シマウマを見た瞬間に・・・・・

「オイシソ~ デスネ!」  と。何かの間違いと信じたかったのに、実は本心だったり(笑)

なかなか愉快なアフリカ人友達の紹介でした。
[PR]
by ahitehi | 2007-07-24 12:00 | 英語と私
<< いつまでBOY? BBQ >>

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧