なんちゃって国際派ナースへの道



男脳の男と男脳の女

日本にいる頃、シロから電話が掛かってきて、いきなり質問されたことがあります。

シロ:「今から質問することに深く考えずに答えてね。

1.運転中に電話が掛かってきたら、車をとめて電話に出る?」

私:「はい。運転したまま電話には出られないから」

シロ:「2つめ。 料理中に電話が掛かってきたら出ない。もしくは後で掛けなおすと返答する」

私:「はい。 料理中なんでね」

シロ:「じゃー、テレビを見ている時に話し掛けられても、相手の話に集中できない」

私:「うーん、話の内容にもよるけど、テレビを見てるから集中できないかも・・・」

   など、50問ぐらい質問され・・・・(内容は不確かなんですが)


シロ:「ぎゃはは~~! やっぱりね、思ったとおり! 
      
残念ながらアヒは完全男脳の女だわっ!!単細胞だと思ってたんだ!



そうなんです。 一昔前にヒットしていた「地図が読めない女、話を聞かない男」のテスト。
私は完全な男脳でした。


そう言われると思い当たる節も多々あり、例えば仕事では一度に沢山の業務を抱えている看護師。 私の先輩看護師Iさんは看護記録をしながら、電話で違うことを話し、目の前にいる人の会話まで聞いていた。 私には絶対に真似できない技で、私は地道に一つずつ業務をこなしていくタイプ。

勤務中に数名の看護師がナースステーションで記録をしている時に主任が「記録をしながらでいいから、耳だけ貸してね!」 っと業務連絡を話し始めた。

私は当然、手を止めて話を聞いていたら「アヒさん、記録しながらでいいよ」と。

だから~ そういうの無理なんですってば~~!!(怒)

どうしてみんな、そんなに器用なことができるのか・・・? 本当に記録は進んでるの?話の内容は頭に入ってるの? 疑問だった。

そこはやっぱり一度に複数のことができる女脳と単細胞の男脳の私の違いらしい。
昔から不器用だね~って、よく言われてきたのも、たぶんそのせいなのかな?

なので、このブログを書く時や他の方のブログを見る時は必ずテレビは消されてるんです(笑)



それで、今は仕事をしていないので単細胞の私でも辛いことはないのでは・・・・と思っていたんですが、もっとも重要な、今のメインテーマとなっている

     英語の勉強!!  


ここにも影響をきたしているらしいんです、この男脳ときたら・・・・・・;_;
どうやら男脳の場合、言語領域野というのが狭いらしくて、語学や新しい言語を修得するのには相応しくない構造にできているとか。 なので英語などを勉強し始めて、どんどん上達していくのは断然に女性のほうだそうです。

なるほど!だからか! 私の上達はスローペースなんだ!!と、こじつけてみたくなったり・・・。
継続は力なりという言葉を信じて、生きてきたので英語も地道にやっていこうとは思いますが。


私は男脳だけど外見は女だし、別に女の人に興味があるとかはありません(笑)

行動はかなり男に近いものがあると自分でも感じていて、シロと付き合い始めた頃、料理を作ったら・・・・


シロ: 「あ、うんと、なんだか、キャンプに来たみたいな、自然な感じで、いいね、うん。えっと、料理がアウトドアっぽい・・・」

っと言われたことがあります。ハハハ(苦笑)

ま~ 男シロと男脳の私の男二人の共同生活なので、たぶん要領は悪いことだらけだと思いますが、この先も頑張っていきます!はい。
[PR]
by ahitehi | 2006-01-26 18:18 | 英語と私
<< ハーバーフェスティバル♪ GEISHA >>

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧