なんちゃって国際派ナースへの道



初めてのESL

バンクーバーに着いてから、まずは学校探し。 
初めなのでフルタイムのESLに決めました。 ESLとはEnglish as a second languageの略で第2言語を英語として学ぶ学校のことです。

バンクーバーは多くの留学生が集まる街なのでESLもそこらじゅうにあり、1つのビルにESLが何校も入っているほど、バンクーバーの1つの産業にもなっている気がするほど。

私達が決めたのは大手のILACというESLスクール。 クラスのレベル分けは確か17ぐらいあり、入校時には面接やフリートークや筆記試験などで厳密にクラス分けをされました。


すでに英語おたくだったシロは初めからhigh-advanced クラス。
私はpre-intermediateクラス。   

学校の授業と同時に初めての海外生活でもあり、intermediateレベルの私の英語力では海外のテレビを見ても理解できず→ 笑えないので、みても疲れるだけ → 見ない!! 

スーパーでもレジで「何枚袋が必要ですか?」 と聞かれ、

「2bags please」 と伝えるも、 bagの発音が悪すぎて、??な顔をされたり…(涙)

勇気を出して、ファーストフード店で注文をしようと試みたら、セットを二つ頼んだはずが、なぜかシンプルなハンバーガー1個しか来なくて、撃沈したり…(涙)などの数々の涙が出そうな体験をしてきました。

そんな環境の中でのESLは実生活にもとっても役立ち、励みにもなったりしました。
特に国際色豊かな学校でサウジアラビア、トルコ、ロシア、ブラジル、メキシコ、もちろん韓国からの留学生などにかこまれて3ヶ月間過ごしていました。


f0027550_117399.jpg



f0027550_117598.jpg


今、思えばカナダは移民の国。 特にバンクーバーは土地柄かアジア人が多く、街を歩いていてもアジア人が全く浮かない、アジア人に対してもとっても親切な、留学の初歩にはとっても適した国のような気がします。
[PR]
by ahitehi | 2005-04-17 11:08 | バンクーバー
<< チャイナタウン カナディアンサイズ >>

もと看護師。 英語ペラペラを夢みて、日々奮闘中。
カテゴリ
全体
バギオ(フィリピン)
トロント2007
シドニー
トロント2006
NZ
fiji
Japan
英語と私
英語おたくシロについて
自己紹介
病院のこと
過去の旅行
台湾
NY
ヨーロッパ
バンクーバー
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧